糖尿病の合併症リスクと血糖値の関係

糖尿病の合併症リスクと血糖値の関係

糖尿病は3大合併症だけでなく病気にもかかりやすい状態

糖尿病の合併症で有名なのは、糖尿病性網膜症・糖尿病性腎症・糖尿病性神経障害。これらを合わせて、糖尿病の3大合併症と呼びます。

糖尿病の合併症は3大合併症だけではありません。血糖値のコントロールが不良だと、免疫力がダウンして感染症にかかりやすくなったり、動脈硬化が進行して脳梗塞・心筋梗塞といった疾病を招くこともあるのです。

さまざまな合併症や関連病を防ぐためにも、正しい知識を身につけ、早期発見・早期治療に努めましょう。

本当に恐ろしい3大合併症

  • 糖尿病性神経障害(壊疽)

    糖尿病性神経障害は、3大合併症の中でもっとも早く現れる合併症。糖尿病に罹患してから6年ほどで、手足のしびれ・痛みの鈍化・発汗異常・ふらつきといった症状が見られるようになります。

    症状が進行すると神経が機能しなくなり、ちょっとした傷にも気づくことができず、細菌感染が発生。知らず知らずのうちに組織が壊疽し、最終的には四肢を切断せざるを得なくなります。

  • 糖尿病性網膜症

    糖尿病性網膜症が発症するのは、糖尿病になってから数年~8年ほど。初期段階では自覚症状がほとんど見られませんが、目のかすみ・視力低下と、徐々に症状が進んでいきます。

    網膜にダメージが蓄積すると網膜剥離を起こすことがあり、急激に視力が低下するだけでなく、失明する恐れもアリ。また、白内障・緑内障といった疾患の引き金になることもあります。

  • 糖尿病性腎症

    糖尿病性腎症が発症するタイミングは、糖尿病になってから10年ほど。3大合併症の中では、もっとも遅く発症する合併症です。たんぱく尿・むくみ・倦怠感・血圧の上昇が見られ、次第に腎機能が低下していきます。

    治療せずに放置すると腎臓の機能が完全に停止(腎不全)してしまい、最後は人工透析が必定な状態となります。人工透析になると、余命は5年ほどとも言われています。

生命に関わる合併症は他にもいっぱい

  • 糖尿病性大血管障害

    糖尿病性大血管障害とは、動脈硬化が進行することによって起こる合併症です。

    血糖値が高い状態が長く続くと、血管がダメージを受け続けて、太い血管での動脈硬化が加速。血管壁にプラーク(隆起)ができやすくなり、それが剥がれて血流をせき止めてしまうことがあります。それが脳・心臓などの重要な器官で起こると、脳梗塞・心筋梗塞といった疾病につながるのです。

    脳梗塞・心筋梗塞は命にかかわる重い病気ですし、命が助かったとしても、後遺症に悩まされる可能性が高くなります(半身麻痺・言語障害など)。

  • 歯周病

    高血糖状態が継続すると、身体の免疫力が低下。細菌感染によって起こる、歯周病にもかかりやすくなります。

    糖尿病を発症しやすい40代以上は歯周病になりやすい年代ですが、糖尿病患者は健常者に比べて歯周病が重症化しやすいのが特徴。歯槽骨の吸収スピードが速まり、気づいたときには歯が脱落しているケースもあります。

    また、歯周病の人は、糖尿病もしくは糖尿病予備軍である可能性が高いため、しっかりと血糖値コントロールをする必要があります。

  • 脳梗塞

    脳内の血管を詰まらせたり、出血を起こしたりする血栓が影響しています。

    原因は、動脈硬化によるコレステロールや脂肪の塊です。太い血管への負担の元です。 脳梗塞は詰まる血管の太さや詰まり方によっても変わり、程度や症状に関しては、脳の場所や範囲で変わります。 ちなみに、糖尿病における脳梗塞は、アテローム血栓性脳梗塞、心原性脳塞栓症に当てはまるのが多いでしょう。

  • 心筋梗塞

    日本の3大死因の1つである心筋梗塞。脳梗塞と同様の原因で、動脈硬化によって生成されたコレステロールや脂肪のプラークが心臓の血管を詰まらせてしまい、心筋の血液量が少なくなり、壊死してしまう症状。症状は、胸部の中央、左の胸部に鉛のかたまりを乗せているかのような鈍痛が起きたり、身体の節々に痛みが拡散、焼けるような激しい痛みが起きたりします。

  • 動脈硬化

    血管の中にプラークが付着することで、血管の壁が脂肪やコレステロールによって厚く硬くなり動脈硬化の症状が進みます。メタボリックシンドロームの上、高血糖、高血圧や脂質異常のうち2つ以上該当するとリスクが高まるといわれています。

低血糖のときに起きる合併症

糖尿病は血糖値が高くなる病気。ですが、薬物療法を受けると、血糖値が急激に下がる可能性があります。また、食事の時間が空いたり、運動をしすぎたり、体調不良になってしまったり、インスリンの状態が過剰になると一時的に低血糖になることがあります。

低血糖になると起きてしまう症状は多岐にわたり、倦怠感やめまい、震え、動悸などの自律神経症状が起きてしまいます。さらに、症状が悪化してしまい中枢神経症状が起きてしまうと、物が2つに見えたり、頭痛になったり、最悪気を失うこともありますので外出の際や車の運転には十分注意しましょう。外出先で、薬物療法を行なう際は低血糖になるのを備えて、糖分(ブドウ糖やジュース)を持ち歩くのも1つの手段です。

低血糖のときに心がけたいこと

  1. ①糖分(ブドウ糖やジュース)を持ち歩く
  2. ②急な動悸や冷や汗に注意する
  3. ③外出先で薬物療法を行なう際は、長時間の車の運転は控える
  4. ④周囲の人に低血糖時の対処方法を周知しておく
  5. ⑤「糖尿病患者用IDカード」を持ち歩く

「糖尿病患者用IDカード」は、日本語と英語で「私は糖尿病です。」と記載されたカードのこと。低血糖で意識がなくなった場合にも意思表示できます。

糖尿病は合併症を防ぐことが第一

糖尿病は、疾病そのものよりも、そこから引き起こされる合併症が恐ろしい病気。糖尿病の原因の多くは生活習慣が原因となっているため、自分の食生活・運動習慣をすみやかに見直し、改善していくことが重要です。

糖尿病の治療や対策は、早ければ早いほど内容が軽くて済み、寛解状態に持っていければ一般の人と同じような生活が可能です。しかし、治療が遅れたり・途中でやめたりすると厳格な食事制限・運動を強いられることとなり、合併症のリスクも高まるため注意が必要です。

生活習慣の見直しで、合併症をはじめとするリスクを軽減

糖尿病を改善するためには、糖尿病の初期症状の段階から食事と運動が重要。合併症をはじめとする数多くの危険因子は、生活習慣を適切に見直すことで、大幅にリスクを減らせると言われています。

糖尿病の食事は、基本的に食べてはいけないものはありませんが、バランスのとれたメニューで、必要な栄養素をしっかりと補給することが大事。不足分はサプリメントを活用するなどで、ストレスなく改善を進めていきましょう。

当サイトのご利用にあたって

当サイト(糖尿病の末路 初期症状から末期症状まで、危険な合併症の解説と改善・対策・予防ガイド)は、私たち「糖尿病を食から考える会」が運営する、糖尿病に関する情報をわかりやすくまとめたサイトです。当サイトには、できるかぎり最新の、信頼性の高い情報を掲載する心掛けております。ただし、その内容の正確性・安全性について完全に保証できるものではありません。掲載情報の活用については自己責任でお願いいたします。万が一、当サイトの情報によって何らかの損害が発生した場合には、各種専門機関にご相談ください。

糖尿病を食から考える会について