3大合併症のひとつ、糖尿病性網膜症の原因と治療法

【医師監修】3大合併症の第一段階・糖尿病性網膜症の原因と治療法

Supervision糖尿病の合併症
糖尿病性網膜症とは

監修医師

監修医師情報

上野内科・糖尿病内科クリニック
院長

上野 尚彦先生

糖尿病網膜症は、糖尿病患者に多い3大合併症のひとつとされているものです。初期には、視力低下・目のかすみといった症状が現れ、悪化すると失明する恐れもある恐ろしい合併症。日本では、成人における失明の原因で第1位となっています。

糖尿病性網膜症の原因と症状

網膜とは、目の硝子体を覆うようにかけられている膜状の組織。その網膜には無数の血管が走っていて、光や色を感じる神経細胞があります。

糖尿病により高血糖の状態が続くと、その網膜内の細い血管が損傷を受けてしまいます。少しずつ目のかすみ・視力の低下といった症状が現れますが、それが糖尿病の起因するものだと気づく人はなかなかいません。

そのまま病気が進行すると、視野の中にゴミのようなものが見える「飛蚊症」を発症しますが、硝子体に出血している状態でここまでくると病気自体がかなり重症化していることが考えられます。

さらに糖尿病性網膜症が進行すると、網膜の中心にある黄班に影響を及ぼし、糖尿病性黄班症を引き起こします。

黄班は物を見るためにもっとも重要な部分であるため、急激に視力の低下が進み、網膜剥離を起こすこともあります。最悪の場合、失明の可能性があります。

糖尿病性網膜症を予防するには

  • 前兆から初期の対策・改善方法

    初期は単純糖尿病網膜症と呼ばれ、この段階で自覚症状を感じる人はほとんどいません。ただし、検査では症状が認められるため、食事・運動療法によって血糖を良好に保っていくことが重要です。

    単純糖尿病網膜症が進行すると前増殖糖尿病網膜症となり、この段階になると、かすみ目などの自覚症状が現れます。ここでの治療も血糖値コントロールが基本ですが、網膜の虚血部分(血流が悪くなっている部分)にレーザー光凝固などの手術を行うこともあります。

  • 中期の改善方法

    前増殖糖尿病網膜症が進行すると、増殖糖尿病網膜症を発症します。これは、かなり重度の網膜症です。

    虚血状態が広がった網膜は、不足している栄養素・酸素を補おうと新しい血管を作り始めます(新生血管)。しかし、新生血管はもろくて破れやすく、出血しやすいのが特徴。硝子体で出血が起こると飛蚊症が現れ、さらに出血が多くなると急激に視力が低下することもあります。

    この段階で用いられる治療は、原因を直接取り除く手術が中心です。レーザー光凝固は、新生血管の発生を予防したり、すでにできた新生血管を減らしたりするのが目的。この手術では、正常な網膜の一部が破壊されることになりますが、症状の進行を抑制するためにはやむを得ないとされています。

    レーザー治療で症状を予防することができず、硝子体出血・網膜剥離が発生してしまった場合は、硝子体手術が用いられます。これは眼球に穴をあけ、硝子体の中の出血を除去し、剥離した網膜を正しい位置へと戻すものです。かなり難しい手術となり、視力が回復するまでには半年~1年ほどかかります。

症状の進行・悪化を防ぐには血糖値のコントロールが重要

糖尿病性網膜症では、原因となっている血糖値をコントロールできないと、どんな治療をしても再び同じ症状が起こってしまいます。症状の悪化や進行を防ぐためには、糖尿病治療の基本となる食事療法・運動療法についてきちんと理解し、それを継続していくことが何よりも重要です。

監修医師

ここまでの監修をしてくれたのは

監修医師情報

上野内科・糖尿病内科クリニック
院長

上野尚彦先生

糖尿病性網膜症の経過について

糖尿病になった人の多くは、血糖コントロールができていないのが原因です。糖尿病性網膜症は、 糖尿病が発病して10年以内に併発する可能性は25%、20年以内に併発する可能性は70%にまで高まります。 糖尿病性網膜症は下記「単純網膜症」→「前増殖網膜症」→「増殖網膜症」のように進行していきます。

出典:岩本安彦総監修『専門医が治す!糖尿病』(高橋書店)2001

単純網膜症

  • 障害の状況

    網膜内の毛細血管がもろくなる

    毛細血管内にできた小さなこぶが破れ、点状出血ができる

    血液成分のタンパク質、脂肪が網膜にシミ出て白斑が生じる

  • 自覚症状

    なし

  • 治療法

    血糖コントロール

    定期的な眼底検査

障害の状況に記述している白斑とは、別名白なまずとも言われている症例でした。 皮膚の一部が白くなってしまう皮膚疾患です。 自覚症状がないのがコワいところ。糖尿病治療を受けるのはもちろん、 眼底検査を定期的に受けるのが早期発見の鍵です。 糖尿病と診断されたら、同時に眼底検査を受けるのがいいでしょう。

前増殖網膜症

  • 障害の状況

    網膜内の毛細血管がもろくなる

    毛細血管内にできた小さなこぶが破れ、点状出血ができる

    血液成分のタンパク質、脂肪が網膜にシミ出て白斑が生じる

  • 自覚症状

    なし

  • 治療法

    レーザによる光凝固

    血糖コントロール

    定期的な眼底検査

前増殖網膜症の段階でも自覚症状がないので、 糖尿病と併発して進行していた場合、 前増殖網膜症になっていることもあります。 治療法として、単純網膜症の治療法のほか、 レーザによる光凝固があります。新生血管ができるのを予防する治療です。 原理は、虫眼鏡で太陽光を集めて黒い紙に当てると焦げる仕組みと同様。 レーザ光を集め熱に変え、眼底の患部を焼くことになります。

増殖網膜症

  • 障害の状況

    新生血管ができる

    新生血管が破れ、硝子体出血が起きる

    増殖膜ができる

  • 自覚症状

    視力の極端な低下

    黒いものがちらつく

    ものがぶれて見える

  • 治療法

    レーザによる光凝固

    血糖のコントロール

    定期的な眼底検査

増殖網膜症になると、自覚症状が表れます。 もし、視力がいきなり落ちたと感じたり、黒いものがちらついたり、 見る物がよくブレる場合は、増殖網膜症は最終段階の状態ですので、 ただちに治療を受けるようにしましょう。

足りない栄養はサプリを利用して補充しよう

血糖値を適切にコントロールするには、栄養バランスのとれた食生活を送ることが大事。とくに網膜症は初期段階での治療が重要で、ここできちんと改善できないと、網膜の状態がもとに戻らないことが多いのです。必要な栄養素を毎日の食事からしっかりと摂取し、足りない分はサプリメントを利用するなどで補完していくようにしましょう。

糖尿病の症状改善に研究されている成分はコチラ

糖尿病は、血液中のヘモグロビンA1c と血糖値が継続して高くなる病気。つまり、糖尿病の治療は、この2 つの数値をいかに下げるかにポイント。

現在、ヘモグロビンA1c と血糖値を下げる効果があるとされる成分や糖尿病の症状改善に研究されている成分があります。糖尿病の改善に有効とされる成分を栄養バランスに加えて、取り入れることをオススメします。

糖尿病改善のために研究されている成分を詳しく知る

当サイトのご利用にあたって

当サイト(糖尿病の末路 初期症状から末期症状まで、危険な合併症の解説と改善・対策・予防ガイド)は、私たち「糖尿病を食から考える会」が運営する、糖尿病に関する情報をわかりやすくまとめたサイトです。当サイトには、できるかぎり最新の、信頼性の高い情報を掲載する心掛けております。ただし、その内容の正確性・安全性について完全に保証できるものではありません。掲載情報の活用については自己責任でお願いいたします。万が一、当サイトの情報によって何らかの損害が発生した場合には、各種専門機関にご相談ください。

糖尿病を食から考える会について