糖尿病性神経障害(壊疽)の原因と治療法を調査

【医師監修】糖尿病性神経障害(壊疽)の原因と治療法を調査

Supervision糖尿病の合併症
糖尿病性神経障害とは

監修医師

監修医師情報

上野内科・糖尿病内科クリニック
院長

上野 尚彦先生

糖尿病神経障害は、糖尿病の方の多くが併発すると言われる3大合併症のひとつとして挙げられています。糖尿病神経障害とは、末梢神経に障害を起こしてしまう病気。初期の場合には、両足の指がしびれることが多いようです。

糖尿病性神経障害の原因と症状

糖尿病性神経障害が進行すると、手足がしびれて痛みを感じにくくなり、触ってみると、その部分が冷たくなっていることがあります。

痛みを感じにくくなると、そこに傷ができても気づくことができず、手当てが遅れて症状が悪化してしまうのです。

また、血液の循環が悪くなっていることが多く、栄養や酸素が行き届かず、傷が治らないばかりか細菌の温床になってしまいます。

その結果、傷が治らず潰瘍化してしまい、最終的には壊疽(組織が腐敗している状態)へと進行。その部分の切断を余儀なくされることがあります。

糖尿病性神経障害を予防するには

  • 前兆から初期の対策・改善方法

    血糖値が高い状態が続くと、手足の先へ伸びる末梢神経が破壊され、神経障害が起こります。初期の段階で現れる症状は、手足のしびれ・冷え・痛みなど。とくに手足のしびれを感じる人は多いため、この段階で症状を見逃さず、治療を行うことが重要です。

    糖尿病性神経障害の治療は、症状の進行を抑えるための血糖値コントロール。栄養バランスのとれた食事と、有酸素運動を中心とした運動療法が基本となります。

    ただし、神経障害を完治させる治療法はないため、行われるのは対症療法がほとんど。症状が悪化すると治療の手立てがなくなってしまうため、初期で進行を抑えることが重要です。

  • 中期の改善方法

    糖尿病性神経障害が中期に入ると、これまで末端が中心だった神経障害が、自律神経にも広がってきます。中期くらいまでなら食事療法と運動療法での改善が期待できますが、それ以降になると回復が見込めなくなるため、ここでしっかり治療を受けることが重要です。

    軽度のしびれ・疼痛を改善する治療では、アルドース還元酵素阻害薬が用いられることがあります。アルドースとは、高血糖状態が続くことで蓄積する物質で、これが神経障害を引き起こすとされています。そのアルドースの生成を薬物で阻害し、症状の進行を抑制するというものです。

    疼痛を伴う場合は鎮痛薬、場合によっては抗うつ薬が処方されることもあります。どの薬剤も、他の合併症治療に影響を与える可能性があるため、医師の指導のもとで正しく服用することが重要です。

    また、症状が進むにつれて感覚はどんどん鈍化していくため、痛み・かゆみなどを感じにくくなります。ちょっとした傷が知らず知らずのうちに悪化し、壊疽につながる恐れがあるので、医師による定期的な診察が必要です。

糖尿病の合併症を防ぐには食事・運動療法が基本

糖尿病でもっとも恐ろしいのは、合併症を放置することによる症状の悪化。とくに神経障害では、壊疽による手足の切断という結果になりかねないため、食事療法・運動療法を中心とした治療をしっかりと続けていくことが重要です。食事と運動あるいは薬物療法で血糖値をうまくコントロールできれば、症状を改善・予防できたり、合併症の進行を抑えることができます。

監修医師

ここまでの監修をしてくれたのは

監修医師情報

上野内科・糖尿病内科クリニック
院長

上野尚彦先生


糖尿病改善のために研究されている成分

糖尿病治療の基本は、適切な食習慣と運動習慣を身につけること。とくに食事療法は重要で、カロリーだけでなく栄養バランスを考えて食べることが重要となります。

毎日の食事から十分な栄養素を摂取しづらい場合は、サプリメントを取り入れると◎。あくまでも補助的な役割ですが、栄養バランスをしっかりと整えるための賢い選択肢と言えるでしょう。