糖尿病の進行段階と対策方法

進行段階に合わせて糖尿病を適切に対策!予防・改善するには

糖尿病は進行段階に合わせて適切処置すること大事

糖尿病には、初期・末期という段階があり、それぞれで対処法が異なります。また、症状が寛解状態(数値などが安定した状態)になっても、再発防止に努めなければなりません。

ここでは、そんな糖尿病の段階別に心得ておきたい対処法について詳しく解説していきます。

糖尿病とは、どんな病気?そのメカニズムを解説

糖尿病とは、インスリンの機能が低下してしまい、血液中の糖分量(血糖値)が異常に上昇している状態のこと。摂取された食物は体内でブドウ糖に変化し、細胞のエネルギー源となります(糖代謝)が、その際に必要となるのがインスリン。このインスリンの機能が低下すると、ブドウ糖が細胞にうまく送られなくなり、血液中に糖が大量に余ってしまうのです。

糖尿病にはさまざまな原因がありますが、その大半を占めているのは生活習慣。食生活の乱れ・運動不足・アルコールの大量摂取・ストレスの蓄積など、どれも現代人にとっては心当たりのあるものばかり。つまり、現代に生きる人は誰でも糖尿病になるリスクをはらんでいるということです。

糖尿病は発症したらアウト!完治しない病気なんです。

厚生労働省が調査した「2012年国民健康・栄養調査結果」によると、糖尿病+糖尿病予備軍の数は、トータルで2,050万人。日本人の5人に1人が糖尿病、もしくはその疑いがある(予備軍)状態となっています。これはもはや国民病ともいえるもので、男性・女性ともに40代からリスクが急激に高まる傾向があります。

糖尿病の恐ろしいところは、自覚症状がほとんどないという部分。気づかないうちに症状が進行し、気づいたときには重篤な合併症を発症しているケースも少なくありません。また、一度かかった糖尿病は完治しないため、一生病気と付き合っていく必要があります。

糖尿病のサインがある人、検査で血糖値を指摘されている人などは、症状のあるなしにかかわらず、生活習慣を見直す必要があります。ひとたび糖尿病になったら、ずっと食事療法・運動療法を続けなくてはなりませんし、自分だけでなく家族にも迷惑をかけることになってしまいます。とにかく、未然に防ぐことが重要です。

  • 糖尿病になりやすい人の生活習慣

    糖尿病になりやすいタイプの人には、ある共通した生活習慣が見られます

    ・食物繊維の多い食材(野菜や海藻など)をあまり食べない
    ・アルコールをたくさん摂取することが多い
    ・朝食を抜くことが多い
    ・スポーツ飲料・栄養ドリンクを愛用している
    ・つい、食べすぎることが多い
    ・食事の時間が決まっていない
    ・夜遅くの食事が多く、たくさん食べる
    ・甘いもの・油っこいものが好き
    ・禁煙している

    これらの項目に心あたりがある人は、糖尿病のリスクが高まっていると認識し、適切な対処法を知っておくようにしてください。

  • 糖尿病のサインとは?この症状が出たら要注意!

    糖尿病は、自分で認識できる症状(自覚症状)が非常に乏しい病気です。しかし、サインとみられる症状を覚えておけば、体の異常をいち早く察知し、改善に取り組むことができるかもしれません。

    ・足のしびれや、足がつることが多い。傷の治りが遅い。
    ・食べる量が変わらないのに、体重が急激に増加した
    ・食事をして3時間くらい経つと、またお腹が空く

    以上のような症状が見られる人は、糖尿病になりかけている可能性があります。すぐに対処法をチェックし、改善に乗り出しましょう。

  • 初期症状、ここで食い止めることが大切

    糖尿病の初期になると、ある程度認識しやすい症状が現れます。しかし、症状が出ているということは、すでに糖尿病に蝕まれているということ。進行を食い止めるためにも、ここでしっかりと改善に取り組む必要があります。そんな、糖尿病の初期症状は以下の通り。

    ・異常にのどが渇く、トイレが近くなる
    ・尿が泡立っている
    ・食事をすると、体がだるくなってしまう

    とくに顕著なのは、のどの渇きと尿の泡立ちです。なんとなくでも「おかしいな」と思うことがあれば、すぐに病院で検査を受けるようにしてください。

  • 糖尿病の末路。末期症状は悲惨な人生を歩むことに・・・

    糖尿病の末期とは、さまざまな合併症が発症している状態。「末期になるまでには、誰でも気づくだろう」と思うかもしれませんが、気づいたときには手の施しようがなくなっていた…というケースも多いものです。末期になると、以下のような恐ろしい結末が待っていることがあります。

    ・糖尿病網膜症による視力低下、失明
    ・糖尿病神経による足部の壊疽、切断
    ・糖尿病腎症による腎不全、人工透析

    糖尿病の合併症は非常に重篤なもので、最悪の場合、命を失うこともあります。そうなる前に、適切な対処法で血糖値を改善していきましょう。

  • どこまでできる?糖尿病再発を予防しながらストレスのない生活をおくるには?

    一度発症した糖尿病を完治させることはできませんが、食事・運動・薬物療法を続けることで、症状を落ち着かせることはできます。しかし、ほんの少しの油断で再発する恐れがあるため、日頃から再発防止に努めなければなりません。

    とくに重要なのは食生活ですが、多忙な現役世代の場合、外食する機会やイベント(飲み会・歓送迎会など)が多く、コントロールが難しいこともあるでしょう。しかし、どのような場であっても、ちょっとした心がけ次第で血糖値をコントロールすることは可能です。外食時のメニューの選び方や食べ方、各イベントごとの食事の仕方などをまとめてみましたので、ぜひ参考にしてみてください。

当サイトのご利用にあたって

当サイト(糖尿病の末路 初期症状から末期症状まで、危険な合併症の解説と改善・対策・予防ガイド)は、私たち「糖尿病を食から考える会」が運営する、糖尿病に関する情報をわかりやすくまとめたサイトです。当サイトには、できるかぎり最新の、信頼性の高い情報を掲載する心掛けております。ただし、その内容の正確性・安全性について完全に保証できるものではありません。掲載情報の活用については自己責任でお願いいたします。万が一、当サイトの情報によって何らかの損害が発生した場合には、各種専門機関にご相談ください。

糖尿病を食から考える会について