知っておきたい糖尿病の初期と対策法

【医師監修】知っておきたい糖尿病の初期と対策法

Supervisionすでに出ているかも?!
糖尿病の初期

監修医師

監修医師情報

上野内科・糖尿病内科クリニック
院長

上野 尚彦先生

糖尿病予備軍と糖尿病の合計は、2,050万人(厚生労働省による2012年国民健康・栄養調査結果)。国民の5人に1人が糖尿病、もしくは疑いがあるということなります。

とくに、男女ともに40代から糖尿病予備軍の数が急激に増加する傾向があるため、日常生活をしっかり見直すことが必要。自覚症状の少ない糖尿病は、知らず知らずのうちに症状が進行・悪化してしまうことが多く、最終的には合併症や関連病によって死亡する恐れもあるのです。

ここでは、糖尿病の初期に見られる症状の特徴について詳しく解説しています。思いあたる症状があれば、すぐ改善に乗り出すことをおすすめします。

糖尿病の初期段階で現れる症状

糖尿病の初期症状は非常に分かりにくく、かなり意識しなければ気づかない人がほとんど。いつの間にか症状が進行して、手遅れになってしまうことも多いため、別名「サイレントキラー」と呼ばれているほどです。しかし、糖尿病の初期にどんな症状が現れやすいかを知っておけば、早期の予防や改善も不可能ではありません。

  • のどが異常に渇く
    糖尿病の初期症状で特徴的なのは、のどの異常な渇き。高血糖になると尿糖が出現して脱水となり。もっと水分を摂るようにという指令が出るためです。しかし、大量に水を飲んでも尿と一緒に必要な水分まで排出されてしまうため、水分を摂取する→トイレへ行くという悪循環が続きます。
  • 尿が泡立つ
    糖尿病になると腎機能にも影響が及び、腎機能が低下。尿中にたんぱく質が多く含まれるようになるため、尿が泡立ちやすくなります。ただし、疲労やストレスで一時的に尿たんぱくが出る場合もあるため、継続してチェックすることが大切です。

初期における対策法

糖尿病の初期段階における治療は、食事療法と運動療法が基本。初期であれば、これらの療法で血糖値を適切にコントロールでき、症状を改善することが可能です。

  • 食事療法

    糖尿病の進行を初期で抑えるポイントは、何といっても食事療法です。まず心がけたいのは、血糖値を急激に上昇させる食べ物(糖質)を避けること。ごはん(白米)・麺類・白パン・いも類などをよく食べるという人は要注意!食べる量を減らす、玄米・雑穀・全粒粉パンといった血糖値が上がりにくい食材に変えるなどの工夫が必要です。
    糖質を減らすと食事が物足りなく感じますが、そこはたんぱく質でカバー。肉・魚・たまご・大豆製品などのたんぱく質を摂るようにすると、満足度が高まります。但し、取り過ぎには注意し、コレステロールや脂質の取り過ぎにも注意しましょう
    また、野菜・きのこ・海藻類の量を増やすことも重要です。これらに含まれる食物繊維は糖の吸収を抑制し、血糖値の上昇をおだやかにする作用があります。食事の前に野菜類を食べると血糖値が上がりにくくなるため、野菜(サラダや汁物)→おかず→主食の順番で食べるようにすると良いでしょう。
  • 運動療法

    食後をすると、どうしても血糖値が上昇します。それを適切な数値まで下げるには、適切な運動が欠かせません。
    もっとも手軽で効果的なのは、ウォーキング・散歩といった有酸素運動。血糖値がピークになるのは食後1時間前後のタイミングなので、2時間以内にトレーニングをすると良いでしょう。余裕があれば軽い筋トレなどを加えると、さらに効果がアップします。
  • 薬物療法

    初期の状態の糖尿病では、薬物療法ではなく食事療法・運動療法をメインとするのが一般的。しかし、それでも血糖値が改善しない場合は、食後血糖値を下げるα-グルコシダーゼ阻害薬などを使用します。
    これは、腸での糖の消化・吸収に関与するα-グルコシダーゼ・α-アミラーゼといった酵素の働きを阻害するもので、食後の血糖値上昇を抑制する働きがあります。

糖尿病の初期に摂取したい栄養素

糖尿病初期の食事療法は、症状の悪化を防ぐ要として重要視されているもの。一定のカロリー量と栄養バランスのとれたメニューを心がければ、血糖値を正常レベルに保つことができます。

さらに、初期症状が出ているケースでは、すでに血糖値が異常値まで達している状態なので、改善効果のある成分を積極的に取り入れていくと良いでしょう。

  • 酵素
    高血糖によるドロドロ血液を改善する成分はほかにもありますが、血糖値だけでなくヘモグロビンA1cの数値を下げられる貴重な成分が「酵素」。体内の酵素の量は年齢とともに減少し、さらに病気やストレスなどでも減ってしまうため、積極的に取り入れたい成分です。
  • 食物繊維
    野菜やキノコなどに含まれる食物繊維には、摂取した糖質の分解・吸収をおだやかにする働きがあります。食後の血糖値が急上昇するのを防いでくれるため、意識的に摂取するようにしましょう。
  • ポリフェノール
    お茶・ワイン・大豆・ブルーベリー・生姜などに含まれているポリフェノール。さまざまな種類がありますが、どれも高い抗酸化作用を持っているのが特徴。老化や病気の原因となる活性酸素を除去するほか、血液サラサラ効果による血糖値の改善も期待できます。
  • クロム
    ミネラルの1種であるクロムには、インスリンの働きをサポートして血糖値を下げる効果があります。不足すると血糖値をコントロールできなくなってしまうため、注意が必要です。
糖尿病の症状改善に研究されている成分はコチラ

糖尿病は、血液中のヘモグロビンA1c と血糖値が継続して高くなる病気。つまり、糖尿病の治療は、この2 つの数値をいかに下げるかにポイント。

現在、ヘモグロビンA1c と血糖値を下げる効果があるとされる成分や糖尿病の症状改善に研究されている成分があります。糖尿病の改善に有効とされる成分を栄養バランスに加えて、取り入れることをオススメします。

糖尿病改善のために研究されている成分を詳しく知る

当サイトのご利用にあたって

当サイト(糖尿病の末路 初期症状から末期症状まで、危険な合併症の解説と改善・対策・予防ガイド)は、私たち「糖尿病を食から考える会」が運営する、糖尿病に関する情報をわかりやすくまとめたサイトです。当サイトには、できるかぎり最新の、信頼性の高い情報を掲載する心掛けております。ただし、その内容の正確性・安全性について完全に保証できるものではありません。掲載情報の活用については自己責任でお願いいたします。万が一、当サイトの情報によって何らかの損害が発生した場合には、各種専門機関にご相談ください。

糖尿病を食から考える会について