DNJは糖尿病を救う?高血糖への改善効果

DNJの糖尿病改善効果

血糖値降下作用のあるDNJを調査

DNJには糖尿病を改善する効果があるとされており、実際に行われた試験でも血糖値の抑制効果があることがわかっています。 ここでは桑に含まれるDNJと糖尿病との関係について、どのような効果が得られるのか検証したいと思います。

目次

DNJとは

DNJは「1-デオキシノジリマイシン」と呼ばれる特有成分で、桑以外の植物にも微量ながら含まれてはいますが、豊富に含まれているのは桑の葉のみとなっています。

DNJは化学構造がブドウ糖(グルコース)に非常によく似ているため、糖質の吸収に関与する消化酵素を拮抗阻害し、小腸での糖質の吸収そのものを抑制。同時にインスリンの過剰分泌も抑制します。

食後血糖値が90mg/dLから140mg/dL程度に上昇する糖尿病の患者さんについても、桑葉エキスの服用で90台から緩やかに上昇し、100mg/dLを超えない程度にとどまり、その後元の血糖値に戻ることがわかっています。

このインスリンの上昇抑制は脾臓に働きかけるものではなく、血糖値の上昇を抑制する作用によって自然にインスリンの分泌も抑えられたと考えられ、DNJが臓器に負担をかけていないことも明らかとなりました。

これらの特有の働きにより、DNJは食後血糖値とインスリン分泌の上昇を同時に抑えることができます。

DNJと糖尿病の関係

[1]

DNJが働かなければ、摂取した糖はそのまま小腸で吸収され、血糖値が上昇してしまいます。また、インスリンも血糖値の上昇に応じて分泌されるため、体に負担をかけることは明らかです。

糖尿病の患者さんにとっては、血糖値を安定的に推移させ、脾臓に負担をかけないことが健康を維持するポイントになるため、DNJを摂取することが推奨されます。

マウスやウサギなどの小動物を使った実験では、DNJを高コレステロールの状態で投与したところ、血中の中性脂肪や悪玉コレステロールが低下し、動脈硬化抑制作用があることが発見されています。

この事から、DNJには糖尿病の患者さんの高血圧症や高脂血症(脂質異常症)など、糖尿病合併症につながる可能性のある健康状態を改善する効果もあるとされています。

さらに桑の葉には、むくみを取る利尿作用も期待されています。糖尿病の予防にはもちろん、安全性の高い天然の素材として特定保健用食品などへの応用も期待されています。

DNJを摂取する方法

桑の葉はそのまま食べることもできる食材です。煮て食べたり、ハンバーグの具材として混ぜ込んだり、粉末状にしてケーキの材料にすることもできます。

また、桑の葉は直接煮出してお茶として飲むこともできるため、苦みなどが苦手な方はお茶として美味しく摂取できます。

ただし煮出して飲むと摂取できる有効成分が限られてしまうため、桑の葉を青汁にした製品などを使うとさらに効率的です。

桑の葉青汁は、すでに粉末状にしてお湯などに溶かして使える製品が販売されています。特有の苦みなどが気になる場合には牛乳などと混ぜることで味がマイルドになり、美味しくいただけます。

糖を代謝する際の補酵素として活躍するビタミンB1については、ケールの3倍含有されており、生活習慣病の改善に効果が期待されているGABAについては6倍以上も含まれています。

食物繊維もケールの約4倍含まれており、体内から抗酸化力を発揮したい方におすすめです。

食べものや飲みもののほかにも、桑の葉を使ったサプリメントも販売されています。

こちらは青汁などにする手間が省けるので、食前(特に炭水化物などの糖質を口にする前)に飲むことで血糖値の上昇を緩やかにすることができます。

DNJを含む食材

DNJは桑の葉に特に豊富に含まれている成分です。他の植物にも微量ながら含まれていますが、効率的に摂取できるのは桑の葉だけとされています。

桑茶として飲む方法のほかにも、青汁やジャム、サプリメントなどさまざまな加工品として販売されているので、ライフスタイルに合わせて製品を使い分けたり、食事に合った摂り方を選んでみてはいかがでしょうか。

DNJを摂取する際のポイント

DNJは桑の葉に豊富に含まれていますが、お茶から摂る場合には桑に含まれる豊富な栄養素(ビタミンや食物繊維など)が摂取しきれないため、青汁など直接桑の葉を使った製品から摂ると良いでしょう。

まとめ

DNJは桑に豊富に含まれている成分で、血糖値の上昇の抑制・インスリンの過剰分泌抑制のほか、中性脂肪や悪玉コレステロールの低下作用などが確認されている優秀な成分です。

桑の葉に豊富に含まれる成分のため、桑の葉を食材として利用するほか、お茶や青汁などから摂取する方法などもおすすめです。

参考文献

[1]参考:勝部拓矢・杉山万里・小山朗夫 島根県産業技術センター,島根県農業技術センター,農業生物資源研究所『クワの健康昨日性研究の最前線』

当サイトのご利用にあたって

当サイト(糖尿病の末路 初期症状から末期症状まで、危険な合併症の解説と改善・対策・予防ガイド)は、私たち「糖尿病を食から考える会」が運営する、糖尿病に関する情報をわかりやすくまとめたサイトです。当サイトには、できるかぎり最新の、信頼性の高い情報を掲載する心掛けております。ただし、その内容の正確性・安全性について完全に保証できるものではありません。掲載情報の活用については自己責任でお願いいたします。万が一、当サイトの情報によって何らかの損害が発生した場合には、各種専門機関にご相談ください。

糖尿病を食から考える会について