酵素が糖尿病の症状に効果がある研究結果

酵素が糖尿病や通風の改善に効果があるとされる科学的根拠

糖尿病の改善に有効な「酵素」

摂取した栄養素を、確実に体内へ取り込むために欠かせない酵素。血液をサラサラにし、血糖値やヘモグロビンA1cの数値を下げるなど、糖尿病の改善・予防にも好影響を及ぼします。そんな酵素の糖尿病に対する効果を、科学的根拠を交えて解説していきます。

・対象:糖尿病と診断。合併症も引き起こし、定期的に通院している患者で50代から80代の男女。
・治療方法:今までの治療は継続し、さらに1日3回「毒出し酵素」を取り入れる。
・調査機関:3ヶ月

実施結果として、患者の多くが自覚症状の改善を感じています。

実施前、便秘・腰痛・足のむくみ・頭が重いといった具体的な症状を訴えていた患者も、個人差はあるものの、すべての人が改善したと感じています。

また、体調が悪いという漠然とした自覚症状においても、訴えていた全員が改善したと実感している結果が出ています。

実際、調査実施前と実施後の体重・血糖値・ヘモグロビンA1cの数値を比べると、体重は4.9%、血糖値は21.1%、ヘモグロビンA1cは8.6%減少しています。※東方医学(Vol.29 No.4 2013)から引用

このように、毒出し酵素は実際に糖尿病患者の血液環境が改善した事実があり、患者の自覚症状としても改善している実感が湧いていることがわかりました。

調査は3ヶ月間でしたが、実際の数値をみる限り、これを続けていくと糖尿病が改善し、健康維持もできると高い期待が持てますね。

毒だし酵素と、一般的な酵素サプリの違い

ここまでで、酵素が体に良いということは学術的にも証明されていることがわかりましたが、酵素という名のサプリメントであれば、何でも良いのでしょうか?

実は、酵素は非常に熱に弱く、50℃程度の熱を加えるだけで死滅してしまいます。

酵素と名の付く一般的なサプリには、錠剤・液体・ソフトカプセル・ペーストなどさまざまな形がありますが、そのほとんどは製造過程で熱が加えられており、十分な効果を発揮できる可能性は低いと考えられます。

しかし、毒出し酵素の場合は、酵素を守るためまったく熱を加えずに製造する方法を採用しているため、酵素が生きたまま体内に届くようになっています。この特殊な製法は、日本はもちろん、海外でも特許を取得しています。

実際に、毒出し酵素と一般的な酵素サプリの成分量を比較してみると、脂肪の消化分解作用のある「リパーゼ」は、一般酵素サプリに比べ、毒出し酵素には約19倍。炭水化物の消化・分解作用のある「アミラーゼ」は約11倍、たんぱく質の消化・分解作用のある「プロテアーゼ」については約43倍もの成分量が含まれているという分析結果が出ています。

酵素は非常にデリケートな成分です。酵素サプリを選ぶ際には、そのサプリはどのように作られているのか、実際にどのくらいの成分が含まれているのかなど、内容について調べることが重要であると言えるでしょう。

毒出し酵素による糖尿病改善例

実際に毒出し酵素を利用し、糖尿病を改善したという方からの体験談を掲載しています。

・以前、脳梗塞を発症し、その後の検査で糖尿病であることが判明。薬物療法もイマイチ効き目がなく、血管が詰まって手術が必要と言われましたが、毒だし酵素のおかげで改善。飲んで数時間後に効き目が出たのには驚きです。

・糖尿病の影響でむくみがひどく、夜に何度もトイレへ起きる生活が続いていました。毒だし酵素は友人の勧めで始めましたが、飲み始めてすぐに体の調子が良くなったのを感じました。

・もともとお酒好きだったこともあり、飲酒に加えて高カロリー、高脂質食を日常的に食べていました。健康診断で血圧は上が200以上、血糖値は400mg/dl台ということが判明し、このままではいけないと思い、毒出し酵素を飲み始めました。血糖値はおかげさまで100/dl以下になりました。

・メタボ検診にひっかかり、中性脂肪値も310。血圧は200台。血糖値も、ヘモグロビンA1c値も高い数値が出て、医者からはこのままでは糖尿病まっしぐらと言われました。妻がそんな私を見兼ねて毒出し酵素のサプリメントを購入してくれ、病院の薬と合わせて飲み始めました。1ヶ月で数値が格段に下がり、医者からも驚かれています。

・血液検査で血糖値が高いと言われ、糖尿病予備軍の烙印を押されてしまいました。確かにここ10年で体重は右肩上がり。さすがにまずい妥当ということで、毒出し酵素を飲み始めました。血管年齢が80歳以上だったのが、毒出し酵素を飲み始めて51歳に!しかも、体重も飲み続けることでマイナス30kgの原料に成功しました。

・疲れやすさや風邪をひきやすくなったなと思っていたら、網膜症などただの疲れや風邪とは異なる症状が出始めました。そこで、病院で検査をしてみると、血糖値もヘモグロビンA1cの値も高く、糖尿病と診断。薬を処方してもらったものの、なかなか改善されませんでした。 そこで、毒出し酵素を試してみたところ、飲み始めてから1か月後の検診で血糖値がマイナス150mg/d]、ヘモブロビンA1cは、マイナス3パーセントを達成!おかげさまで体調も良くなりました。

・熱処理しているのとしていないのとでは、酵素のパワーが全く違うと雑誌に書いてあったのをきっかけに、毒出し酵素に興味を持ちました。もともと冷え性だったのですが、飲み始めてからは冷え性も改善。健康診断でも血糖値は理想的な数字だと褒められました。健康維持に今では手離せないサプリです。

毒出し酵素の痛風への効果

毒出し酵素は、痛風の改善効果についても研究結果が発表されています。

痛風とは、血液中の尿酸値が高い状態が続くことで、足が痛くて歩けなくなるなどの症状が現れる発作のことです。

したがって、痛風を改善させるためには、血液中の尿酸値の数値を低くすることが重要となります。

毒出し酵素の適量試験結果表調査では、複数のマウスに量をかえて毒出し酵素を与え、尿酸値の変化を観察しました。

その結果、多量の酵素を与えたマウスは尿酸抑制率が21%、中量で10%の尿酸抑制率、少量でも9%尿酸抑制率があることがわかりました。※東方医学(Vol.28 No.4 2012)から引用

これにより、毒出し酵素は実際に尿酸値の減少にも効果があると確認されています。