その症状悪化に待った!糖尿病改善読本

その症状悪化に待った!糖尿病改善読本

具体的な症状は?改善法は?糖尿病と向き合おう!

基礎知識編 糖尿病の症状や診断基準である数値を知る
  • 原因によって異なる糖尿病の種類
  • 自覚があったら黄色信号!糖尿病の主な症状
  • 糖尿病の診断基準となる気になる数値のこと
症状悪化編 糖尿病が引き金となる様々な病気に注意
  • 本当は一番怖い糖尿病による合併症
  • 糖尿病と関わりのある様々な病気
  • 【特集】症状悪化をくいとめる「毒出し酵素」とは?
改善アドバイス編通常の治療+効果的な成分を取り入れる
  • 糖尿病に有効な治療方法
  • ヘモグロビンA1c・血糖値を下げる有効な成分
  • 【特集】糖尿病改善にオススメの健康食品5選

糖尿病の症状改善読本 » ヘモグロビンA1c・血糖値を下げる有効な成分 » ナットウキナーゼ

ナットウキナーゼ

ナットウキナーゼは、糖尿病の大敵である血圧を下げ、血液をサラサラにする効果があると言われています。実際にナットウキナーゼは糖尿病改善に効果があるのか、その効果を検証します。

血液サラサラ効果で血圧改善ができるナットウキナーゼ

血液ドロドロ糖尿病は、血液中に血糖値が多くなり、血液がドロドロの状態にあると言えます。また、そのドロドロの血液は固まりやすく、血栓をつくりやすくなっています

ナットウキナーゼは、その名前の由来のとおり、納豆に含まれている成分。納豆のネバネバした部分で、たんぱく質を分解する酵素です。

もともと、たんぱく質分解酵素と呼んでいましたが、1980年代からナットウキナーゼと呼ばれるようになりました。このナットウキナーゼの最大の働きは、血栓を溶かし血液をサラサラにする作用。また、水溶性食物繊維が豊富に含まれていて、炭水化物の消化吸収を抑制する働きもあります。

血糖値は食後に急激に上昇し、その後徐々に下降していきますが、食後だけ血糖値が異常に高い状態を隠れ糖尿病といいます。健康診断は、空腹時に血液検査を行うことが一般的で、健診では発見しにくいですが確実に血液などに悪影響を及ぼしているのです。

ナットウキナーゼは、炭水化物の消化吸収を抑制することで、食後の血糖値の上昇を緩やかにしてくれます。そのほか、腸内環境を整える働きや血圧を降下させる作用もあります。

納豆を食べても効果なし?

納豆の画像ナットウキナーゼには、血液の凝固を促進する物質であるビタミンK2を除去する作用もあり、血液サラサラ効果をさらに助ける働きがあります。ですが、実は納豆自体を食べた場合、こちらの効果については期待できません

それは、納豆自体にビタミンK2が含まれているからです。ナットウキナーゼがビタミンK2を除去しても、そもそも新しくビタミンK2を取り入れてしまうため、結果的に意味がないことになるのです。

ナットウキナーゼを含むサプリメントは、ナットウキナーゼだけを取り出しているため、ビタミンK2を含んでいないものがほとんど。

血液サラサラ効果を十分に発揮させるためには、納豆ではなく、ナットウキナーゼを含むサプリメントのほうが、効率よく作用するでしょう。また、ビタミンK2の摂取を止められている方も安心して摂り入れることができますね。

あなたの糖尿病の状態はどのようなものですか?自分の糖尿病の状態を理解して、その状態に適したサプリメントを選んでいきましょう。

サプリのイメージ画像これら血糖値を下げる成分を取り入れるには、上手な食材選びもひとつの手。しかし、食べ方によっては糖尿病が悪化してしまうことも。
酵素やサポニン、ポリフェノールなどを効果的に摂取するのであれば、サプリメントやドリンクがオススメです。以下のページでは、糖尿病にお悩みの方へ向けて、おすすめ健康食品5選をピックアップしています。 >>糖尿病の症状を改善させるおすすめサプリ・健康食品5選

ページの先頭へ