ビタミンB1の血圧低下効果と糖尿病への働き

ビタミンB1の糖尿病改善効果

血糖値を下げる有効成分ビタミンB1

最初に発見されてから、人体の代謝に欠かせない栄養素として知られるようになったビタミンB1。ここでは糖尿病改善との関わりについて詳しく見ていきたいと思います。

ビタミンB1とは

ビタミンB1はチアミンという名称でも知られています。栄養ドリンクやサプリメントに「チアミン」と書かれていれば、それがビタミンB1という意味になります。

ビタミンB1を含む「ビタミンB群」は、炭水化物の代謝に関係している栄養素です。特に糖の代謝に異常をきたす糖尿病の患者さんにとっては、欠かせない栄養素となります。

ビタミンB1は糖質をエネルギーとして消費する際に、「補酵素」としてサポート役を果たしています。糖質が細胞内のミトコンドリアに入る際、それを助けるのがビタミンB1です。

人体の中でビタミンB1をたくさん消費しているのは心臓や脳、筋肉などです。

糖尿病傾向にある人の多くは、ビタミンB1が欠乏している可能性があり、ブドウ糖を処理する能力が落ちているために、糖尿病にかかりやすくなっている可能性があります。

ビタミンB1と糖尿病の関係

研究によれば、ビタミンB1を摂らずに糖質を摂取し続けていると、潜在的にビタミンB1が欠乏しやすくなることがわかっています。

ビタミンB1の欠乏症になると、体のエネルギーが減って疲れるようになったり、脈が速くなる、息切れを起こすなどさまざまな影響が出てきます。

また、ブドウ糖が適切に処理されずに体の中で余ってしまうと、糖尿病を発症しやすくなります。

血液の中にはブドウ糖が沈殿し、タンパク質と結びついて沈殿物のような物質に変わります。これが糖尿病性網膜症などの合併症を引き起こすこともよく知られています。

最近の研究では、糖尿病の患者さんにビタミンB1が不足していることから、糖尿病の改善や予防などにビタミンB群を摂取する必要性が取りあげられています。

糖尿病はブドウ糖の余りすぎによって引き起こされるものです。また通常の代謝経路で処理できなかったブドウ糖が、別の経路から代謝されることで合併症になる可能性もあります。

このようなリスクを抑えるためにも、普段から積極的にビタミンB1(もしくはビタミンB1を含むビタミンB群)を摂る必要があるのです。

ビタミンB1を摂取する方法

ビタミンB1は胚芽(米ヌカ)、肉、豆類などに含まれています。

特に豚肉はビタミンB1が豊富に含まれているため、肉料理を食べる際に、牛肉や鶏肉ではなく豚肉を食べるだけでも効率良くビタミンB1が摂取できます。

ビタミンB1はお米にも豊富に含まれていますが、洗いすぎると流出してしまうので、適度に洗米したものでお米を炊くと良いとされています。

また、胚芽米や玄米などを使えば直接ビタミンB1が摂れるので、食事メニューに取り入れてみるのもおすすめです。

ビタミンB群として摂取する場合は、野菜や根菜、肉類などさまざまな食材を口にしなければならないため、手間がかかる際にはサプリメントから摂取する方法もあります。

ただしサプリメントを大量摂取すると、頭痛やかゆみなどの皮膚症状が現れる可能性が指摘されています。

一日分の用量を守ったうえで適切な使用を心掛け、サプリメントと食品の組み合わせなどにも注意して、過剰摂取を防ぐようにしましょう。

ビタミンB1を含む食材

ビタミンB1は肉類や魚類に豊富で、豚肉や魚の血合いに含まれています。

胚芽や米ヌカ、豆類にも含まれているため、これらをうまく組み合わせてメニューにすることで、糖質の処理を助けるビタミンB1が摂取できます。

ビタミンB1はタマネギやニンニクと相性が良く、併せて摂取することで吸収率がアップします。ただし熱に弱いという特徴があるため、加熱のしすぎによる損失に注意が必要です。

ビタミンB1を摂取する際のポイント

ビタミンB1はビタミンB群の中に含まれる栄養素です。ビタミンB1のみを意識して摂取すると偏りが出てしまうため、それ以外の栄養素も併せて摂るとバランスが良くなります。

脂質の代謝に関わっているビタミンB2、赤血球の生成に関係し貧血を予防するビタミンB12など、ビタミンB1以外の栄養素も併せて摂ると、体の維持に必要な栄養素が効率的に摂取できます。

糖尿病で、コレステロール値が高い人の場合は、活性酸素を除去する作用のあるビタミンEなども取り入れると良いでしょう。

まとめ

ビタミンB1は糖尿病の原因である糖代謝に関わる「補酵素」として活躍する栄養素です。

ビタミンB1を摂らずに糖を摂ると、ビタミンB1の欠乏症となり、体の中でエネルギーが作られず、糖尿病を発症しやすくなります。

食材から摂取しきれない場合はサプリメントなどを活用して、栄養のバランスに注意しながら摂取するようにしましょう。

当サイトのご利用にあたって

当サイト(糖尿病の末路 初期症状から末期症状まで、危険な合併症の解説と改善・対策・予防ガイド)は、私たち「糖尿病を食から考える会」が運営する、糖尿病に関する情報をわかりやすくまとめたサイトです。当サイトには、できるかぎり最新の、信頼性の高い情報を掲載する心掛けております。ただし、その内容の正確性・安全性について完全に保証できるものではありません。掲載情報の活用については自己責任でお願いいたします。万が一、当サイトの情報によって何らかの損害が発生した場合には、各種専門機関にご相談ください。

糖尿病を食から考える会について