糖尿病と血圧の関係、高血圧でおこる危険性について

【医師監修】高血圧も低血圧も要注意!血圧異常が糖尿病におよぼす影響

Method血圧

監修医師

監修医師情報

上野内科・糖尿病内科クリニック
院長

上野 尚彦先生

血圧とは、血管を流れる血液が血管に与える圧力です。一見、糖尿病とは何の関係もないように思えますが、実はこの2つには意外な関係性があるのです。血圧のコントロールは、糖尿病の合併症を左右する重要な要素となっています。

糖尿病における血圧の重要性

血圧は低くても高くても問題ですが、糖尿病の直接の原因となるものではありません。

しかし、糖尿病患者は平均して高血圧であるケースが多め(一般の人に比べて約2倍)。糖尿病と高血圧を同時に発症すると、血管へのダメージは多大なものとなり、動脈硬化・心筋梗塞・脳血管障害(脳出血・脳梗塞など)のリスクが高まることが分かっています。

つまり、糖尿病患者にとって、血圧の数値は命にかかわる重要なものと言えるのです。

糖尿病がある場合の血圧の基準値

  • 収縮期(最高血圧)が130未満…正常
  • 拡張期(最低血圧)が80未満…正常

これより数値が高いと、高血圧となります。

糖尿病になると、インスリン抵抗性のためナトリウム貯留によって量が増加。血液自体も粘性を増し、ドロドロ状態となります。これを心臓から送り出すとなると、当然ながら血管の負担はアップ。必然的に高血圧となります。

また、糖尿病患者は肥満であるケースが多いですが、肥満だと常に交感神経が緊張し・ホルモンを多く分泌してしまうことで、血圧が上がる傾向にあります。

そのほか、インスリンが十分に働かないインスリン抵抗性の場合でも、交感神経を刺激して血圧が上がることがあります。また、糖尿病がさらに進むと、糖尿病性腎症という合併症を引き起こすことがあります。この腎症になると、腎臓から血圧を上げるホルモンが分泌されることにより、高血圧になることがあります。

糖尿病患者の場合、血圧コントロールの目安は最高血圧130mmHg・最低血圧80mmHg。これは、血圧以外の危険因子を持たない人に比べると、非常に厳しい値となっています。つまり、それほどまでに糖尿病と高血圧の併発は、高いリスクをはらんでいるということです。

高血圧が引き起こす糖尿病関連病

糖尿病患者で高血圧が続くと、どのようなリスクが高まるのでしょうか。主な症状は以下の通りです。

  • 動脈硬化
    糖尿病と高血圧を併発していると、動脈硬化の進行速度がアップ。動脈硬化が原因となっている心筋梗塞・脳梗塞などを発症するリスクが、健常者の6~7倍も高まります。
  • 糖尿病性腎症の発症・重症化
    高血圧になると腎臓にも負担がかかり、さらに血圧が上昇。糖尿病の合併症である腎症を発症しやすくなるだけでなく、症状の重症化が懸念されます。

また、糖尿病の場合、血圧が基準値よりも低くなることもあります(低血圧)。

糖尿病の症状に立ちくらみがありますが、立ちくらみの正式名称は起立性低血圧。自律神経がうまく働かないことにより、急に立ち上がったときにふらついたり、目の前が真っ暗になったりします。高血糖状態が続くと、血液が自律神経まで栄養を運べなくなり、起立性低血圧になることがあるのです。

血糖値と血圧をコントロールする方法とは?

糖尿病と高血圧を改善するには、食事療法と運動療法が基本。とくに食事は、高血圧の食事療法を取り入れる必要があります。

まず、1日の塩分摂取量は6g未満に抑えること。減塩は血圧のコントロールに非常に効果があるため、薄味に慣れるようにしましょう。また、ドロドロ血液の原因となる糖・脂質の摂りすぎにも注意が必要です。

糖尿病の場合、さらにカロリー摂取量を守る必要が出てくるため、食生活はかなり窮屈なものになるかもしれません。しかし、食事療法は長く続けることが何よりも大事。

ここで参考にしたいのが栄養学です。カロリーではなく栄養素をメインに考えることで、食事療法のストレスを軽減できることがあるため、ぜひ参考にしてみてください。

監修医師

ここまでの監修をしてくれたのは

監修医師情報

上野内科・糖尿病内科クリニック
院長

上野尚彦先生


サプリメントで上手に栄養バランスを整えよう

高血圧でも糖尿病でも、食事療法の基本は「栄養バランスのとれた食事」を心がけること。3大栄養素(炭水化物・脂質・たんぱく質)・ビタミン・ミネラル・食物繊維といった栄養を、バランスよく組み合わせることが大切です。

しかし、医師や栄養士の指導があったとしても、毎日の食事ですべての栄養バランスを整えるのは非常に難しいこと。これだけで頭がいっぱいになり、途中で食事療法をやめてしまう患者さんも多いのです。

ムリせず食事療法を続けるために、ぜひ取り入れて欲しいのがサプリメント。栄養補助食品であるサプリであれば不足しやすい成分を手軽に補給できますし、血糖値・血圧によいとされる成分もしっかりと摂ることができます。