急上昇・急降下にご注意!ジェットコースター血糖、血糖スパイクと糖尿病の関係とは

急上昇・急降下にご注意!ジェットコースター血糖、血糖スパイクと糖尿病の関係とは

Method 血糖スパイク・ジェットコースター血糖と糖尿病の関係

糖尿病といえば、血糖値が気になる病気といっても過言ではないのでしょうか?実は、血糖値は健康診断や人間ドックで出てくる数値だけが全てではありません。食後血糖値をご存知でしょうか。食後血糖値は、文字通り、食後の血糖値のこと。ですが、健診の際はほとんどの場合空腹で診断を受けることになります。その空腹の健診で測る血糖値で見えないのが、このページで紹介する血糖スパイクとジェットコースター血糖なのです。

血糖スパイク・ジェットコースター血糖とは

血糖スパイクもジェットコースター血糖も同じ意味合いです。 何かを食べると血糖値が上がり、食後数時間経つと下がっていくのが血糖値。 食事を摂ると数値が上がり、食後数時間経つと下がるのが血糖値。健康な状態でしたら、 食後でも血糖値は140mg/dlを超えることはありません。ですが、中には140mg/dlの基準値を超えてしまうほど 勢いよく血糖値が急上昇して、数時間後に急降下する人たちがいます。血糖値が急上昇、急降下を繰り返している場合は 糖尿病の前兆として現れることがほとんどですので、糖尿病予備軍の可能性を疑ったほうがいいでしょう。

血糖スパイク・ジェットコースター血糖の先に起こる症状について

糖尿病予備軍の段階から、血糖スパイクを繰り返している場合、健康に影響を与える可能性が高いです。 動脈硬化が進んでいき、脳梗塞や心筋梗塞など大きな血液障害を起こすリスクが高まります。 血糖値の急上昇、急降下が起きる場合、膵臓から血糖値の上昇を抑制してくれるインスリンが 分泌され、血糖値を安定させようとしてくれます。ですが、分泌が過多になると、インスリンの分泌量が少なくなり、 最終的には糖尿病の可能性も高まっていきます。

ちなみに、血糖スパイク・ジェットコースター血糖の名前の通り、一度急上昇すると一気に急降下するので、 中には低血糖の症状が表れる可能性があります。食後に強い眠気を感じたり、集中力が低下したり、 食後でも空腹だと感じたりする場合は血糖スパイク・ジェットコースター血糖が起きているかもしれません。

血糖スパイク・ジェットコースター血糖かどうか判断するためには

発症タイミングは食後が主なので、空腹時血糖値を測る健康診断や人間ドックでは、 自分自身が血糖スパイク・ジェットコースター血糖の現象が起きていることは発見できません。 ですので、食後の血糖値を測るブドウ糖負荷試験を受けるようにしましょう。 検査方法としては、ブドウ糖を口にしてから2時間後の血糖値を検査します。

もし、すでに糖尿病治療を受けている方の場合でしたら、血糖値自己測定で測るのがおすすめでしょう。 小型の測定機器を用いて、患者さん本人が食後に血糖値を計測する方法です。 また、市販の尿検査薬やデジタル尿糖計を用い、食後の尿で測る手段もあります。 もし、自分自身が血糖スパイク・ジェットコースター血糖かどうか気になったら、 市販の尿検査薬で試してみてはいかがでしょうか。

血糖スパイク・ジェットコースター血糖を防ぐには

血糖スパイク・ジェットコースター血糖を防ぐには、やはり規則正しい生活習慣を心がけてください。 食事と運動に重点を置き、血糖値の急上昇・急降下を防ぎましょう。

食後の急な血糖上昇を防ぐポイント

食後の血糖値上昇を防ぐためには、食事内容を意識していく必要があります。 食後の血糖値上昇の積み重ねは、血糖値の平常値上昇にもつながりますので、 高齢者の食事療法を成功させるポイントと合わせて意識していくといいでしょう。

糖分を含んだ飲料(ジュース)やスポーツドリンクを飲みすぎない

清涼飲料水には全体の約10%砂糖を使用されており、スポーツドリンクにも砂糖が含まれていることが多いです。 中には、砂糖とは異なりエネルギー量の少ないキシリトールやアスパルテームといった代用甘味料を使った飲料もあります。ですが、甘い飲み物を飲む習慣をつけてしまうと、血糖値上昇要因の1つになってしまうので可能な限りお茶やお水を飲むようにしましょう。

お菓子や菓子パン類は食べないようにする

市販のお菓子、例えばプリンやゼリーならば全体の約10%が砂糖を含んでいます。また、 菓子パンにも多量の砂糖が含まれているので、食べないように努めましょう。

料理の味付けにおいて砂糖は控えめに

砂糖を多く使う料理はなるべく控えましょう。例えば、煮物の場合でしたら、 ダシを効かせると薄い味付けでも味わい深くなります。

胃腸が弱かったら、野菜や果物はジュースにしたりすりおろしたりするのがおすすめ

生野菜や果物は酵素を多く含んでいるので、消化や代謝を促す効果を期待できます。 ですが、胃腸が弱かったり、歯が悪かったりする場合はすりおろしたり、ジュースにしたりして 摂取していくのがおすすめです。

食事のポイント

  • ①食物繊維を摂ってからタンパク質を摂り、最後に糖質
  • ②間食を含め食事の回数を5回にする
  • ③朝食を必ず食べる
  • ④腹八分目を意識する
  • ⑤肉類は脂を落とすために、蒸したり、ゆでたりする
  • ⑥甘いものは食後のデザートではなく、空腹時に食べる

運動のポイント

  • ①血糖値および内臓脂肪を減らすので、1日30分のウォーキングを意識する
  • ②糖を消費する身体に変えていくために、軽い筋トレを習慣にする
  • ③家事中・通勤中・テレビを見ている最中にできる身体に負荷をかける運動をする
糖尿病の症状改善に研究されている成分はコチラ

糖尿病は、血液中のヘモグロビンA1c と血糖値が継続して高くなる病気。つまり、糖尿病の治療は、この2つの数値をいかに下げるかにポイント。

現在、ヘモグロビンA1cと血糖値を下げる効果があるとされる成分や糖尿病の症状改善に研究されている成分があります。糖尿病の改善に有効とされる成分を栄養バランスに加えて、取り入れることをオススメします。

糖尿病改善のために研究されている成分を詳しく知る

当サイトのご利用にあたって

当サイト(糖尿病の末路 初期症状から末期症状まで、危険な合併症の解説と改善・対策・予防ガイド)は、私たち「糖尿病を食から考える会」が運営する、糖尿病に関する情報をわかりやすくまとめたサイトです。当サイトには、できるかぎり最新の、信頼性の高い情報を掲載する心掛けております。ただし、その内容の正確性・安全性について完全に保証できるものではありません。掲載情報の活用については自己責任でお願いいたします。万が一、当サイトの情報によって何らかの損害が発生した場合には、各種専門機関にご相談ください。

糖尿病を食から考える会について