タバコが血糖値・糖尿病に与える影響とは

タバコが血糖値に与える影響|糖尿病の基礎知識

Methodタバコは糖尿病の原因になる?

ここでは、タバコが糖尿病を悪化させる理由や、タバコが血糖値に与える影響などについて詳しく解説しています。

タバコと血糖値の関係

血糖値を上げる唯一の直接的な要因は、糖質です。よってタバコが直接的に血糖値を上昇させる原因となる訳ではありません。しかしながら、タバコを吸うことにより、間接的な要因で血糖値が上がってしまうことは明らかとなっているため、糖尿病患者はもとより血糖値が高めの人においては、禁煙が必須となっています。

なお、国内における25の追跡調査によると、タバコを吸う人は、タバコを吸わない人に比べ、約1.4倍の確率で2型糖尿病にかかりやすいことが分かっています。

タバコが血糖値を上昇させる理由

タバコが血糖値を上昇させる理由は2つ。1つ目が、タバコが交感神経を刺激するためです。

交感神経とは、自律神経(本人の意志では動かせない神経)の一つ。興奮を司る神経などとも言われています。タバコは交感神経を刺激し、血糖値を上昇させると言われています。

2つ目が、タバコによるインスリンへの影響です。喫煙は、体内のインスリンの働きを妨げると考えられています。

血糖値を上げ、かつインスリンの働きを妨げる以上、糖尿病患者において禁煙は必須項目となるでしょう。いかなる医療機関であれ、糖尿病を患う人に対しては禁煙指導を行なっています。

禁煙後の体重増加リスクよりもタバコの害のほうが大きい

一般に、禁煙をすると口が寂しくなること、および禁煙のストレス等で過食気味になることから、体重が増加します。この体重増加により、禁煙後は、禁煙前に比べると血糖値が上昇傾向となります。よって、血糖値の高い人の中には、むしろ禁煙しないほうが良いのではないか、との考えに至る人もいるでしょう。

しかしながら、禁煙することによる健康効果は、禁煙後の血糖値上昇がもたらす害よりも、はるかに大きいことが事実。たとえば、禁煙することによる体重増加は心疾患や脳卒中のリスクを高める要因となりますが、タバコを吸い続けた場合の心疾患や脳卒中のリスクと比べると、その発症率は半減することが分かっています。

糖尿病患者に禁煙を勧める本当の理由

タバコが間接的に血糖値を上昇させる要因になることは、すでに説明しました。喫煙が自律神経やインスリンに影響を与えるため、という理由です。しかしながら、すでに糖尿病を患っている患者において、より怖いのが血流の悪化です。

喫煙による血行不良が合併症の発症リスクを上昇させる

喫煙が末梢血管を収縮させる働きを持つことは、古くから周知の事実。血液には、体中の様々な場所に酸素や栄養素を運ぶ重要な役割があります。喫煙することで体中に酸素不足・栄養素不足を招く、ということです。

これら体中の酸素不足・栄養素不足は、糖尿病によって誘発される恐れのある各種疾患(心臓病、脳卒中、腎臓病など)の発症リスクを、急激に上昇させます。いかなる医療機関でも、糖尿病患者に対しては禁煙を必須として指導しますが、その最大の理由は、血糖値上昇よりも合併症の予防にあるのです。

受動喫煙にも要注意

タバコを吸う本人が糖尿病ではなかったとしても、同居する人が糖尿病を患っている場合、周囲は禁煙すべきでしょう。受動喫煙による糖尿病の悪化が懸念されるためです。

あるデータによると、心筋梗塞によって亡くなった非喫煙者のうち、約20%は受動喫煙が原因とされています。受動喫煙が糖尿病の合併症を誘発する恐れがあるので、喫煙習慣のある周囲の人は、ただちに禁煙をすべきです。

「気合い」で禁煙は無理!禁煙を成功させる具体的な方法

糖尿病患者はもとより、喫煙者全体の約60%は禁煙したいと考えています。その一方で、長い喫煙習慣がある人は、容易にニコチン依存症から抜け出せる訳ではありません。禁煙にチャレンジしたものの失敗し、その反動でますますタバコの本数が増えた、という人も少なくないようです。

「気合い」や「思い」だけで禁煙することは、極めて難しいと考えられます。糖尿病、または高血糖によって禁煙が強く推奨される人においては、具体的な計画性のもとで禁煙を実行していくようにしてください。

禁煙を成功させる方法1:代替行為を決める

多くの喫煙者において、タバコを吸いたくなるタイミングは決まっています。このタイミングが訪れた際に行なうべき、喫煙の「代替行為」を決めてしまいましょう。

<例>
  • 起床した直後→タバコの代わりに洗顔する
  • 食後→タバコの代わりに歯磨きをする
  • 飲み会の席→タバコの代わりに冷水を飲む

子供だましのような方法ですが、少なくとも「気合い」で禁煙するよりは、成功率が高くなるでしょう。

禁煙を成功させる方法2:禁煙外来を利用する

医療機関の禁煙外来を利用することも有効です。ニコチンを含むガムやパッチを利用してタバコを吸いたい気持ちを低下させ、約3ヶ月かけて徐々にガムやパッチを減らしていく、という方法です。

1日の喫煙本数や喫煙歴などの条件を満たせば、禁煙外来の治療費は保険適用。禁煙をしたいと思うレベルの喫煙者の場合、一般的には保険適用の条件を満たすことでしょう。

ちなみに治療費の自己負担額は、3割負担で13,000~20,000円程度。1ヶ月のタバコ代くらいで、医学的根拠に基づく禁煙プログラムを受けることができます。

糖尿病の症状改善に研究されている成分はコチラ

糖尿病は、血液中のヘモグロビンA1c と血糖値が継続して高くなる病気。つまり、糖尿病の治療は、この2つの数値をいかに下げるかにポイント。

現在、ヘモグロビンA1cと血糖値を下げる効果があるとされる成分や糖尿病の症状改善に研究されている成分があります。糖尿病の改善に有効とされる成分を栄養バランスに加えて、取り入れることをオススメします。

糖尿病改善のために研究されている成分を詳しく知る

厚生労働省 e-ヘルスネット「喫煙と糖尿病」

厚生労働省 e-ヘルスネット「禁煙の準備 – 禁煙7日前から行う、禁煙のコツを教えます!《準備編》」

当サイトのご利用にあたって

当サイト(糖尿病の末路 初期症状から末期症状まで、危険な合併症の解説と改善・対策・予防ガイド)は、私たち「糖尿病を食から考える会」が運営する、糖尿病に関する情報をわかりやすくまとめたサイトです。当サイトには、できるかぎり最新の、信頼性の高い情報を掲載する心掛けております。ただし、その内容の正確性・安全性について完全に保証できるものではありません。掲載情報の活用については自己責任でお願いいたします。万が一、当サイトの情報によって何らかの損害が発生した場合には、各種専門機関にご相談ください。

糖尿病を食から考える会について