糖尿病予備軍の人が気をつけたいお酒の飲み方

糖尿病予備軍の人が気をつけたいお酒の飲み方

糖尿病予防のために!
お酒を控えるのが良い理由

生活習慣や食生活などさまざまな要因で発症する2型糖尿病の原因の一つとして指摘されることが多いのが「お酒の飲みすぎ」です。お酒はどうして糖尿病を引き起こすきっかけになってしまうのでしょうか?お酒が身体に与える影響を解説します。ビールやワイン、日本酒などいろいろな種類があるお酒。糖尿病になりやすいと言われても、お酒好きな方にとっては断酒するのはなかなか辛いものではないでしょうか?糖尿病の初期症状が出ることを予防しながらお酒を楽しむにはどうしたらいいのかなどをリサーチしました。

お酒で糖尿病の発症リスクが増加

今糖尿病でないという方も、適度にお酒を控えることは糖尿病予防につながります。
糖尿病は体に取り込まれた糖質が、ブドウ糖に分解、肝臓に運ばれて貯蔵する過程で何らかの異変が生じ、血液中のブドウ糖濃度が高まってしまう病気です。後天的に発症する糖尿病の原因は、食べ過ぎや運動不足、肥満などが原因です。

アルコールの摂りすぎでアルコール性膵炎を繰り返すことで、インスリンの分泌機能が低下、糖尿病を引き起こすこともあります。また、アルコールの摂りすぎで肝硬変になってしまえば肝臓にブドウ糖が貯蔵しにくくなると同時に肝臓にインスリンが過剰に残りインスリンの効き目が低下し、糖尿病を引き起こします。[1]

このように、アルコールが引き起こすさまざまな病気が糖尿病のきっかけになってしまうこともあるのです。

お酒と糖尿病の関係

飲酒が糖尿病になりやすい状況を作る理由は幾つかあります。お酒と糖尿病の関係を紐解いてみましょう。

グリコーゲンの分解が促進される

食事などから摂取した糖質は、ブドウ糖に分解されて体内で分解・吸収されます。身体の活動に必要なエネルギー源として使われずに余ったブドウ糖は肝臓にグリコーゲンとして貯蔵されます。肝臓に貯蔵されたグリコーゲンは、血糖が低下するとブドウ糖に少しずつ分解し、血糖値を維持しています。低血糖を予防するためにも、グリコーゲンは必要ですが、何らかの作用により分解されすぎてしまうと血糖値が高くなり、糖尿病を引き起こしてしまいます。お酒に含まれてるアルコールは、このグリコーゲンからブドウ糖への分解を促す作用があります。

慢性および過剰のアルコール摂取による肝臓のグリコーゲン分解亢進,副腎髄質や交感神経末端からのアドレナリン分泌亢進などが,糖尿病を悪化させる可能性がある

出典: 『飲酒は糖尿病発症にどのような影響を与えるのか』臨床薬理,34(2).2003

一方で、アルコールには血糖値を下げる作用があることも知られています。食事を摂らずにお酒だけを飲むと低血糖になり、時に発作を引き起こすことも。これは、肝臓に貯蔵されているグリコーゲンが空腹時は減少しているのに加えて、アルコールがグリコーゲンの分解を促進することが原因です。また、アルコールが枯渇したグリコーゲンの代わりにアミノ酸や乳酸など他の物質からブドウ糖を作り出す、新糖生という作用を抑制してしまうことも低血糖を引き起こす原因と考えられています。

1日10g以上のアルコール摂取において、容量依存的にHbA1Cが減少する結果を得た。この作用機序として,アルコールのinsulin分泌促進作用やinsulin抵抗性改善作用が考えられる.しかし,アルコール依存症とアルコールの大量摂取によって,耐糖能以上が引き起こされることも報告されている.こうれは慢性膵炎と関連してinsulin分泌が減少するため,またはアルコール性肝炎によってinsulin抵抗性が惹起されるためと報告されている.このように,insulin抵抗性に関してアルコールは悪化させるとする意見と,改善させるという意見の矛盾した結果が得られており,一定した結論は得られていない.

出典:『飲酒は糖尿病発症にどのような影響を与えるのか』臨床薬理,34(2).2003

一緒に食べるおつまみが危険!

また、お酒と一緒に食べるおつまみは、高カロリー・高糖質のものが少なくありません。揚げ物やポテトチップスなど糖質量が多いものを食べることで血糖値が上がってしまうことが。アルコール自体には糖質がないのですが、酒のつまみが糖尿病を引き起こす原因となってしまっていることもあるのです。

お酒を飲むと揚げ物や、味が濃いものが欲しくなるという方はたくさんいらっしゃると思います。高カロリーな食事は、血糖を高騰させる要因に。栄養素がありなおかつ、なるべく低カロリーな食事を口にするように心がけることで血糖値も安定します。野菜系のさっぱりとした和え物といったふうに高タンパク質、低カロリーのものを選ぶのがおすすめです。

さらに、食べる順番も意識しておくと、なお良いでしょう。お酒を飲む前に食物繊維が豊富な野菜を食べることで、消化吸収がゆるやかになって血糖値の急激な高騰を阻止。野菜を先に食べることによって、後に食べる料理の過剰な油脂の吸収も防ぐ効果があります。ここでは、飲食時のおつまみにおススメのメニューを紹介します。

  • ・枝豆
  • ・豆腐
  • ・キムチ
  • ・サラダ
  • ・たこわさ
  • ・かまぼこ
  • ・こんにゃく
  • ・刺身や焼き魚など、揚げていない魚
  • ・蒸し鶏や焼き鳥など、揚げていない鶏肉
  • ・ひじきやわかめなど、海藻類

糖尿病は、血糖値を上手にコントロールすることが大切です。お酒の量も適量を守り、食べる順番や食べ物を意識することで健康な人と同じように生活できます。血糖値が気になる方は意識して食事の改善に取り組んでいきましょう。

お酒の種類ごとのカロリー・糖質

お酒に含まれるアルコール自体には糖質はないものの、ビールや日本酒、甘いカクテルや果実酒などのお酒には糖質が含まれています。「五訂増補日本食品標準成分表」[2]には、お酒の種類ごとのカロリー、糖質は次のように記されています。

  • ビール 350ml
    カロリー140.0kcal、糖質10.9g
  • 発泡酒 350ml
    カロリー157.5kcal、糖質12.6g
  • 日本酒 1合
    カロリー196.2kcal、糖質8.8g
  • ワイン 200ml
    カロリー146.0kcal、糖質4.0g
  • 焼酎 60ml
    カロリー131.4kcal、糖質0g
  • ウイスキー 30ml
    カロリー83.0kcal、糖質0g

糖質だけを見てみるとビールや発泡酒、日本酒は糖質が高いお酒ということがわかります。また、糖質が少なくてもカロリーが高い焼酎やウイスキーなどは飲みすぎれば肥満を引き起こし、糖尿病の方にとっては良くない影響をもたらします。

だから、お酒の飲みすぎは危険!脂肪肝の原因にもなる可能性あり

飲酒に歯止めが効かなくなる糖尿病予備軍の人は、要注意です!上で挙げている通り、おつまみはどれも脂質量が多く、カロリーが高いです。血中の中性脂肪増加にもつながってくるので気をつける必要がございます。

終いには、脂肪肝になる要因にもなり得ます。アルコールを分解できるのは、唯一の臓器は肝臓のみ。ですので、飲酒をすると肝臓が機能するわけですが、同時に食事をするとその分の脂肪分は分解されづらくなります。肝臓がアルコールの分解に専念するからです。ですので、次第に肝臓に脂肪が蓄積して脂肪肝になっていくのです。

脂肪肝になってしまうと適切にブドウ糖のとりこめなくなり、食後の血糖値およびインスリンの分泌量が増加していきます。すると、膵臓の機能が低下し、結果的に血糖値が上がってしまうのです。

お酒を口にすることは、高カロリー摂取につながる

そもそも、アルコールには栄養素を含んでおりません。しかもお酒に含まれているアルコール自体、カロリーが高いということをご存知でしょうか?アルコールには、1gあたり7kcalが含まれています。これは、脂肪の9kcalに次ぐ高カロリーです。特に、お酒の場合だと飲み始めは「少しだけ」と思っていても、酔いが回るにつれて飲み過ぎてしまう方が多くいます。

アルコールは、血管の拡張や体温の上昇などの作用だけではなく、 しかも、血糖値に影響を与えるのもアルコールといわれておりますので、食べ過ぎによって肥満になることも。食前にお酒を口にすると胃液の分泌が促進され、空腹感を覚えます。 ですので、お酒はたくさん飲めば飲むほど、高カロリー摂取につながっていくので気をつけていく必要があります。

肥満も問題視されているのが現状。特に多くの人が経験あると思われる飲み終わりの締めのラーメンは、食べた分脂肪に変わり血糖値を上げてしまうので極力避けたいところです。健康のために、高カロリーとされているアルコールはなるべく避けたほうが望ましいのですが、働く社会人にとって友人や会社の上司との酒の席は必ずやってきます。
アルコールを飲み過ぎないためにも1日摂取できるアルコールの量を認識しておくようにしましょう。アルコール健康医学協会によると、血液中のアルコール濃度によって理性をつかさどる大脳皮質の活動は低下していくとのことです。

医師の判断をもらいながら、影響がない程度に

お酒はを飲むことは、基本的に糖尿病の発症を高める要因の1つです。しかし、会社の付き合いや、ストレスを解消するために呑みたいという方もいらっしゃると思います。 そのため、きちんと医者の意見を聞き、医者から許可が出るようであれば、飲酒可能範囲内でお酒を楽しむようにしましょう。

また、お酒の摂取を意識するだけではなく、日々の食生活をバランスよくとる必要があります。最近では、糖尿病改善の為に研究されている成分が多くあります。 そういった成分を日々の食事に取り入れることもお勧めします。

参考文献

[1]参考:厚生労働省e-ヘルスネット『アルコールと糖尿病』(2018年2月6日確認)

[2]参考:文部科学省HP『第2章 五訂増補日本食品標準成分表(本表)』(2018年2月6日確認)

[2]参考:『糖尿病診療ガイドライン2013 -2型糖尿病の発症予防』-日本糖尿病学会

当サイトのご利用にあたって

当サイト(糖尿病の末路 初期症状から末期症状まで、危険な合併症の解説と改善・対策・予防ガイド)は、私たち「糖尿病を食から考える会」が運営する、糖尿病に関する情報をわかりやすくまとめたサイトです。当サイトには、できるかぎり最新の、信頼性の高い情報を掲載する心掛けております。ただし、その内容の正確性・安全性について完全に保証できるものではありません。掲載情報の活用については自己責任でお願いいたします。万が一、当サイトの情報によって何らかの損害が発生した場合には、各種専門機関にご相談ください。

糖尿病を食から考える会について