糖尿病に効果のある予防方法

糖尿病を防ぐためにお勧めな予防方法とは?

糖尿病を防ぐために行いたい予防方法

糖尿病を防ぐためには、食事や運動といった生活習慣を見直すことが重要になりますが、 ここでは、運動を軸とした、普段の生活で出来る糖尿病の予防方法や、運動の仕方、予防の為にやめた ほうがいいことなどを紹介していきます。

糖尿病予防にはヨガがおすすめ!

糖尿病予防の柱の一つが、運動です。普段運動をしない方でも気軽に始められるヨガは、ポーズをとることでストレッチや筋肉を動かし、血流を改善。呼吸法や瞑想などで気持ちもリラックスします。ストレス緩和は血圧上昇を予防したり、暴飲・暴食を抑えたりすることにもつながりますので、糖尿病予防にぜひ、ヨガにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。実際に、糖尿病患者を対象にしたヨガの効果を検証する研究では、ヨガが血糖値コントロールに良好な影響を与えていることもわかっています。

糖尿病リスクを高め、治療の妨げになるタバコ

タバコは動脈硬化や脳卒中などのリスクを高めることで有名です。糖尿病予防においても喫煙は、インスリンの働きを妨げ、血糖値を上昇しやすくしてしまいます。タバコを吸うと、糖尿病の発症率が3〜4倍になるという研究も報告されていますから、できるだけ早く禁煙してあなたの健康を守りましょう。予防はもちろんのこと、治療効果を高める上でも、禁煙は必須です。喫煙者はもちろんのこと、周りにタバコを吸う人がいるなら知っておきたい、糖尿病とタバコの関係について解説します。

糖尿病予防につながるツボ

糖尿病予防については、生活習慣が深く関わっているのはもちろんですが、ツボを押してあげることによって血糖値を下げることができ、現在糖尿病予備軍の方でも大いに効果があるものだと考えられています。協力してくれる方がいて、押してもらうことができるのなら、ぜひパートナーの方にも説明をし、理解をしてもらえた上でお願いしてみましょう。もちろんお一人の方でも出来るような場所にツボはありますので、試してみてはいかがでしょうか。

糖尿病予備軍だけど太りたい! 血糖値を上げずに太る方法とは

糖尿病予備軍や糖尿病になると、中には痩せ始めてしまう人がいます。 体重を元に戻すために太りたいけど、糖尿病の危険性が上がるから 血糖値が上がらないようにしたい。しかし、血糖値に注意しながら健康的にに体重を増やしていくのに、どのように食生活を気をつけて太っていくべきなのか、そんな方法をこのページでは説明しています。

高齢者が糖尿病予備軍になったら気をつけたいポイントとは

高齢者の糖尿病予備軍が増加しているのをご存知でしょうか?生活習慣の積み重ねによって血糖値は危険信号を出す可能性が高くなります。どのように食生活を気をつけて生活していくべきなのか、そんな方法をこのページでは説明しています。

当サイトのご利用にあたって

当サイト(糖尿病の末路 初期症状から末期症状まで、危険な合併症の解説と改善・対策・予防ガイド)は、私たち「糖尿病を食から考える会」が運営する、糖尿病に関する情報をわかりやすくまとめたサイトです。当サイトには、できるかぎり最新の、信頼性の高い情報を掲載する心掛けております。ただし、その内容の正確性・安全性について完全に保証できるものではありません。掲載情報の活用については自己責任でお願いいたします。万が一、当サイトの情報によって何らかの損害が発生した場合には、各種専門機関にご相談ください。

糖尿病を食から考える会について