心筋梗塞と糖尿病の関係性

【医師監修】心筋梗塞の原因と糖尿病との関係性

Supervision糖尿病と心筋梗塞の関係性

監修医師

監修医師情報

上野内科・糖尿病内科クリニック
院長

上野 尚彦先生

糖尿病が心筋梗塞を引き起こす?

糖尿病と心筋梗塞の関係性

心臓は、心臓の筋肉「心筋」が動いて心臓を動かしています。その心筋に血液、つまり栄養を送っているのが冠動脈と呼ばれる血管です。

心筋梗塞は、その冠動脈で動脈硬化が起こり、そこに血栓ができて血流がストップし、心臓を動かせなくなる病気です。

糖尿病になると、血液中のブドウ糖の量が増え(血糖値の上昇)、血液がドロドロになります。すると、血液が流れにくいだけでなく、固まりやすい状態となり、血栓ができるリスクが増加。つまり、心筋梗塞が起こりやすい状態となるのです。

また、高血糖は動脈硬化の進行スピードを速める要素のひとつ。血糖値をきちんとコントロールしないと動脈硬化がどんどん進み、心筋梗塞が発生する確率も高まっていきます。

心筋梗塞の病状

心筋梗塞を発症すると、胸周辺(みぞおち・腹部を含む広範囲)の圧迫感や痛み、肩・背中・首などの激しい痛みが30分以上にわたって続きます。

あまりの痛みに呼吸困難となり、息切れ・不整脈・冷や汗・脂汗・吐き気・胃痛・顔面蒼白といった症状も現れ、最悪の場合はそのまま死亡することもあるのです。

心筋梗塞には起こりやすい時間帯があり、早朝(午前6時~8時)と夜間(午後8時~10時)となっています。疲労・脱水・睡眠不足・アルコールの摂取・温度変化などが引き金となることもあるため、日頃からの健康管理、とくに糖尿病の人は血糖値コントロールが重要です。

心筋梗塞と思われる症状が出た場合は、様子を見たりせず、すぐに救急車を呼ぶのが正解。放っておくと心筋の壊死が起こり、手遅れになってしまいます。

心筋梗塞の末路

糖尿病を発症している場合は、心筋梗塞になる確率も非常に高くなるので注意が必要です。

心筋梗塞が起こると、発作から15分程度で心筋に壊死が起こり始めます。症状が進行するとショック症状が起こり、チアノーゼ・血圧低下・意識障害などが発生。2時間後には、心筋が完全に機能を停止してしまいます。

治療によって心筋梗塞の発作が治まったとしても、壊死した心筋細胞はほぼ再生されません。その結果、心拍が乱れやすくなる、収縮・拡張の力が弱まるなどの後遺症に悩まされることになります。

心筋梗塞の後遺症の程度は、発作から治療までのスピードに左右されます。疑わしい症状が見られたらすぐに救急車を呼ぶのが正解ですが、糖尿病性の神経障害があると痛みに気づきにくく、手遅れになることがあります。

生活習慣を見直して動脈硬化を防ごう

心筋梗塞を予防するには、動脈硬化を進行させる糖尿病・脂質異常症・高血圧などをしっかりと治療することが大事。どれも自覚症状に乏しい病気ばかりですが、こまめな検査によって早期に気づくことができれば、生活習慣の見直しによる血糖コントロールで改善へと導くことが可能です。

監修医師

ここまでの監修をしてくれたのは

監修医師情報

上野内科・糖尿病内科クリニック
院長

上野尚彦先生

栄養バランスを整えて血糖値を安定させよう

心筋梗塞は突然発症するものなので、日頃からの予防意識が大事。とくに糖尿病に罹患している場合はリスクが高くなるため、食事と運動による基本の治療を欠かさないようにしましょう。

なかでも、食事療法は重要です。栄養バランスのよい食事・サプリメントの利用によって血糖値が安定すれば、動脈硬化・心筋梗塞のリスクを大幅に減らすことができます。

各成分の効果的な摂取方法

健康商品で糖尿病を改善しようとしている人の中には、サプリメントやドリンク選びで悩んでいる方も多いのでは?しかし、有効成分の含有量が少ないと、糖尿病への効果があまり見られないことも。以下のページでは、発症や悪化など、糖尿病に対するお悩みを解決させる有効成分を豊富に含む「おすすめの健康食品5選」を紹介しているので、是非とも参考にしてみてください。