特発性血小板減少性紫斑病と糖尿病の関係性

特発性血小板減少性紫斑病と糖尿病の関係とは

Supervision糖尿病と特発性血小板減少性紫斑病の関係性

監修医師

監修医師情報

上野内科・糖尿病内科クリニック
院長

上野 尚彦先生

糖尿病と突発性血小板減少性紫斑病との関係性

特発性血小板減少性紫斑病(idiopathic thrombocytopenic purpura:ITP)とは、血液中の血小板が何らかの免疫の異常によって減少し、出血しやすくなる病気。厚生労働省の指定疾患(難病)となっている疾病です。

難病と言われているだけあって、特発性血小板減少性紫斑病の原因はハッキリと解明されていないのが現状。糖尿病との関連性も、明確になっているわけではありません。

しかし、血糖値が高くなる糖尿病は、血液の状態が非常に悪い状態。血液内の環境が悪いことで、何らかの免疫異常を引き起こしている…ということは否定できません。

特発性血小板減少性紫斑病の病状

特発性血小板減少性紫斑病には、急性型と慢性型があります。

急性型は子供(2~5歳が多い)に発症することが多く、その症状は一時的なもの。何もしていないのに、手・足・顔などに点状の出血班・紫斑ができますが、痛みやかゆみなどはなく、半年ほどで自然に治癒します。

成人によく見られるのは慢性型(20~40歳に多い)で、主な症状は皮下出血・血尿・血便・月経過多・鼻血・歯ぐきからの出血など。少なくとも半年以上は血小板の少ない状態が続き、自然に治癒することはほとんどないため、医療機関での治療が必要となります。

特発性血小板減少性紫斑病の末路

特発性血小板減少性紫斑病が進行すると、一歩間違えば命にかかわる、脳出血を起こす可能性があります。

脳出血とは、何らかの原因で脳の血管が破れ、脳内(大脳・小脳・脳幹など)に出血が見られる状態。出血によって脳の機能が低下し、意識障害・感覚障害・運動麻痺といった症状が現れます。具体的な症状は、片方の手足にしびれや麻痺がある、言葉をうまく話せない、激しい頭痛などです。

さらに状態が悪化して血種(けっしゅ:血のかたまり)が大きくなると、脳浮腫へと進展。頭蓋骨内の圧力が高くなって脳ヘルニアへと移行し、最悪の場合は脳幹部の圧迫により命を落とすこともあります。

運動と食事で血液の状態を良好に保ちましょう

特発性血小板減少性紫斑病をはじめ、いろいろな血液の病気を併発しないためには、血液の成分・血管ともに、健康な状態を保つことが最善の策と言えます。

とくに糖尿病による高血糖は、血液の状態を悪くする要因であるため、食事療法・運動療法でしっかりと改善していく必要があります。食事と運動で血液の状態を良好に保てれば、特発性血小板減少性紫斑病の予防にもつながるでしょう。

監修医師

ここまでの監修をしてくれたのは

監修医師情報

上野内科・糖尿病内科クリニック
院長

上野尚彦先生

食事の栄養バランスを整え、血液の状態を改善しましょう

特発性血小板減少性紫斑病の発症を防ぐには、原因のひとつと考えられる糖尿病の改善が第一。糖尿病の初期症状の段階から徹底して、必要とされる栄養素を毎日過不足なく摂取していくことが大切です。あくまでも食事の補助的な役割ですが、サプリメントを取り入れるのも有効です。

糖尿病の症状改善に研究されている成分はコチラ

糖尿病は、血液中のヘモグロビンA1c と血糖値が継続して高くなる病気。つまり、糖尿病の治療は、この2 つの数値をいかに下げるかにポイント。

現在、ヘモグロビンA1c と血糖値を下げる効果があるとされる成分や糖尿病の症状改善に研究されている成分があります。糖尿病の改善に有効とされる成分を栄養バランスに加えて、取り入れることをオススメします。

糖尿病改善のために研究されている成分を詳しく知る

当サイトのご利用にあたって

当サイト(糖尿病の末路 初期症状から末期症状まで、危険な合併症の解説と改善・対策・予防ガイド)は、私たち「糖尿病を食から考える会」が運営する、糖尿病に関する情報をわかりやすくまとめたサイトです。当サイトには、できるかぎり最新の、信頼性の高い情報を掲載する心掛けております。ただし、その内容の正確性・安全性について完全に保証できるものではありません。掲載情報の活用については自己責任でお願いいたします。万が一、当サイトの情報によって何らかの損害が発生した場合には、各種専門機関にご相談ください。

糖尿病を食から考える会について