痛風と糖尿病の併発の危険性

【医師監修】糖尿病と併発しやすい痛風の原因と症状

Supervision糖尿病と痛風の関係性

監修医師

監修医師情報

上野内科・糖尿病内科クリニック
院長

上野 尚彦先生

糖尿病と痛風の関係性

痛風とは、血液中の尿酸値が高い状態「高尿酸血症」をそのまま放置しておくことで、起こる発作のこと。かつて痛風は「ぜいたく病」と言われていましたが、実際にはもともと遺伝的になりやすい人が、食習慣やストレスなどをキッカケに発症する病気です。

痛風発作の起きる高尿酸血症は、血液中の尿酸値が高くなる病気です。一方、糖尿病は、血液中の血糖値が高くなる病気です。

高くなる数値は違いますが、それぞれの病気を発症する原因は、生活習慣にあります。過食や偏食、運動不足、肥満、ストレスなど、まさに原因は同じものなのです。

実際に糖尿病の人は、尿酸値も高い傾向にあります。とくに男性に発症しやすい病気なので、血糖値が高い場合は痛風にも注意した方がよいでしょう。

痛風の病状

痛風は、血液中にある尿酸が原因で起こります。血液中の尿酸量が一定以上の数値になると、関節に尿酸の結晶が溜まりやすくなります。

しかし、結晶が蓄積しているだけでは痛風にはなりません。ここに、栄養不足・肥満・ストレス・疲労といった要素が加わると、関節にくっついていた結晶が剥がれ落ち、痛みとなって現れるのです。

痛みが現れる部分は、足の親指の付け根が圧倒的に多いのが特徴(全体の約7割)。その他にも、足首・ヒザ・くるぶし・足の甲・かかと・手首・ヒジなどにも発生することがあります。

痛みは非常に強く、患部が赤く腫れあがるのが特徴。なかには前兆(ピリピリ・チクチクとした痛み、違和感など)を感じる人もいますが、いきなり痛みに襲われるケースがほとんどです。

痛風の末路

突然の激痛に襲われる痛風ですが、発作は1週間程度で治まってしまうのが特徴。その後はまったく痛みを感じなくなるため、そのまま治療せずに放置してしまう人も少なくありません。

しかし、痛風は糖尿病と同じく、放置したあとの合併症が恐ろしい病気。症状が一時的に治まっても、半年~1年ごとに発作を繰り返すこととなり、その間隔も年々短く・症状も悪化していきます。

痛風の合併症として挙げられるのは、動脈硬化・腎臓障害・尿路結石など。糖尿病を患っている場合は、とくに動脈硬化が進みやすくなり、脳血管障害や心臓病(狭心症・心筋梗塞など)といった重篤な疾病を引き起こすこともあります。

今は症状がないから大丈夫…などと油断せず、糖尿病・痛風ともに早期の治療を心がけてください。

痛風・糖尿病ともに、治療法は食事と運動療法

痛風も糖尿病も、治療方法は基本的に同じ。どちらも食事療法と運動療法をメインとし、血糖値と尿酸値のコントロールを行います。

どちらの病気も初期に自覚症状はありませんが、定期的に検査を行い・適切な治療を継続することが、最善の策と言えるでしょう。

監修医師

ここまでの監修をしてくれたのは

監修医師情報

上野内科・糖尿病内科クリニック
院長

上野尚彦先生

痛風の予防・改善には、栄養バランスのとれた食事が大事

痛風を予防・改善するには、栄養バランスの整った食事が大事。栄養に偏りがあると、せっかく摂取した成分をうまく活用できず、症状の改善が見られなくなってしまうのです。

食事からすべての栄養素を過不足なく摂取するのが理想的ですが、不足しやすい栄養素があれば、サプリメントを利用してバランスを整えていくと良いでしょう。

各成分の効果的な摂取方法

健康商品で糖尿病を改善しようとしている人の中には、サプリメントやドリンク選びで悩んでいる方も多いのでは?しかし、有効成分の含有量が少ないと、糖尿病への効果があまり見られないことも。以下のページでは、発症や悪化など、糖尿病に対するお悩みを解決させる有効成分を豊富に含む「おすすめの健康食品5選」を紹介しているので、是非とも参考にしてみてください。