なっとークィーンの糖尿病への口コミ評判

糖尿病に納豆が効く?なっとークィーンの口コミ評判

納豆菌と乳酸菌を
配合したサプリ

なっとークィーンは、その名のとおり、納豆をもとにしたサプリメント。高濃度の生きた納豆菌に、生きた乳酸菌をバランスよく組み合わせたもので、糖尿病をはじめとする症状の改善をサポートします。

血栓を溶かす「ナットウキナーゼ」

なっとークィーンに配合されているのは、納豆の粘り部分に含まれるナットウキナーゼという酵素。このナットウキナーゼは、ドロドロ血液をサラサラにする効果を持っています。

糖尿病の人は血液の流れが悪く、血管を傷つけやすいため、血栓(血のかたまり)ができやすくなる傾向があります。この血栓は血管を詰まらせて、脳梗塞・心筋梗塞といった重篤な症状を引き起こす恐れのあるものですが、そんな血栓を溶かしてくれるのがナットウキナーゼです。

糖尿病の合併症には、糖尿病腎症・糖尿病網膜症・糖尿病神経障害が挙げられますが、これらの原因となるのは血栓・動脈硬化などによる血液障害。ナットウキナーゼで血液をサラサラ状態にすることは、この3大合併症を予防することにつながります。

なっとークィーンの特徴

なっとークィーンは、納豆菌と乳酸菌のWパワーで腸内環境を整え、免疫力をアップさせるサプリメントです。販売元の株式会社健将ライフは、昭和56年から健康食品の分野に携わっている企業。利用者の健康的な生活をサポートするべく、さまざまな製品を開発しています。

なっとークィーンに含まれている納豆菌・乳酸菌は、非常に高濃度。1粒あたり、納豆菌BNK株90㎎、ナットウキナーゼ90Fu、乳酸菌BIO株20㎎を含有しています。血液サラサラ効果を持つナットウキナーゼですが、納豆菌・乳酸菌を同時に摂取することで、その働きがアップ。血液中にある毒素や老廃物を、排出する力を高めてくれます。

1日の摂取目安は、3~9粒。タブレット状で、粒の大きさやニオイなどは不明です。飲むタイミングや量は基本的に自由ですが、便秘などの改善を期待される方は、少し多め(6~9粒)に飲むことが推奨されています。

なっとークィーンの口コミをチェック!

  • ときどきお腹が張って、そうすると体調も悪くなってしまいます。腸内環境が整うと聞いて、なっとークィーンを飲むようになってからは、お腹のハリもおさまってきて、調子が良くなりました。
  • すぐに下痢をしてしまって悩んでいました。これを飲むようになって1カ月ぐらいでお腹の調子が良くなってきました。ちょっと納豆のにおいがしますが、我慢できる程度です。
  • 以前、腸を悪くして、その後、排便が上手くいかずに苦しんでいました。しかし、なっとークィーンを飲み始めて、腸の調子が良くて本当に感謝しています。便秘や下痢の場合にも良いと思います。
  • なっとークィーンを飲み始めて、効果が出始めたのは3ヶ月くらい経ってからでしょうか。よく食後にお腹を下していたのですが、今は無理をしなければ問題ありません。薬ではなくサプリなので効果の出方は遅めですが、ある程度飲み続けることで結果が出るものだと思います。
  • 私の体質となっとークィーンが合っているのか、これを飲み始めてからお通じが健康的に!以前は下痢をすることが多かったのですが、症状がまったく起こらなくなりました。外出先でも、お腹が痛くなるのでは…とビクビクしていましたが、今は安心です。
  • 総括コメント

    なっとークィーンを利用している方からの声で多く見られるのは、「お腹の調子が良くなった」「下痢や便秘をしなくなった」という意見。善玉菌を増やし、お腹の調子を整える納豆菌と乳酸菌の働きが確かであることが分かりますね。

なっとークィーンの商品概要

・内容量/価格:270粒(1ヶ月分)/10,800円(税込)
・成分表示:1粒中/納豆菌BNK株:90mg、乳酸菌BIO株:20mg、ナットウキナーゼ:90Fu、オリゴ糖
・原材料:納豆菌BNK株(高濃度ナットウキナーゼ入)高濃度活性乳酸菌BIO株、ショ糖脂肪酸エステル、セラック、結晶セルロース
・製造会社:株式会社 健将ライフ

  
当サイトオススメの糖尿病改善の成分はコチラ

食事の基本は「栄養バランスのとれたもの」ですが、忙しくてなかなか自炊ができない・すべての食事でバランスを考えるのは難しい…という方も多いと思います。

糖尿病の症状を改善の研究がされている成分を上手に摂取し、サプリメントなどを上手に活用しましょう、偏りがちな栄養バランスを効率よく整えることができます。

とはいえ、まんべんなく栄養を摂取することをオススメします。