自覚が出たらもう手遅れ!糖尿病の主な前兆や初期症状

【放置NG】気づいたときにはもう遅い!糖尿病の前兆・初期症状注意報

Method自覚があったら黄色信号!糖尿病の主な初期症状・前兆

糖尿病は、初期の段階だと自覚症状が現れにくい病気。反面、自覚症状を感じ始めたら、糖尿病が進行している可能性が考えられます。 「いつも感じている症状だから」「気になる程度で、あまりひどくないから」などと先延ばしにせず、早めに検査を受けるようにしましょう。

糖尿病の気になる数値

あなたはすでに糖尿病?まだ予備軍?チェック

健康診断や人間ドックで要注意の診断を受けたものの、 そもそも自分自身がすでに糖尿病なのか、まだ予備軍なのか、気になる人も多いはず。 下記の症状が、1つでもチェックが入った場合は糖尿病の前兆・初期症状が考えられます。

自覚症状がはっきり出ないうちに、糖尿病は進行していきます。手遅れになる前に、早めの対策を心がけましょう。 すぐにでも対策をしないと症状は悪化するばかりです。糖尿病の治療の基本は、食事療法と運動療法。 それでも改善しない場合は、薬物療法が取り入れられます。

「忙しい!」「ややこしい!」「時間がない!」でも続けたい三大療法

糖尿病の治療は通院することが前提。毎日が忙しい人の場合、精神的な負担にもなってしまい ついつい病院に行くのを先延ばしにしてしまいがち。糖尿病は放置してしまうとさまざまな合併症を 併発する可能性があるため、いかに日常生活で三大療法を継続できるかが重要になってきます。 そんな糖尿病の三大療法について解説していきます。

  • 食事療法

    三大療法の中で、毎日が忙しい人にとって最も難しいのではないのでしょうか。 食事の量(食べ過ぎない・腹八分目を心がける)・栄養バランス(野菜を中心に) ・食事時間を一定にするといった部分を見直していく必要があります。 残業続きで毎日外食やコンビニで済ませていたり、飲み会を断れかったり、 食事のコントロールができにくい人にはつらい生活になるのではないのでしょうか。 カロリー制限をやっていく必要があるため、独身者には手厳しい療法です。

  • 運動療法

    「運動する時間がない!」、「体を鍛える暇があるなら仕事!」、 「疲労困憊になりがちで運動する気が起きない!」、「何の運動するべきなのか分からない!」。 頻繁に口にしてしまう言葉かもしれません。ただ、ハードスポーツに取り組む必要は全くないです。 通勤時間を早めて、いつもより速足で歩いたり、多めに歩いたり、階段を使ったり、日常生活の中で 運動量を増やしていくだけでも問題ありません。 とにかく継続していくことが重要です。

  • 薬物療法

    現状、糖尿病予備軍であるならば、 糖尿病の発症前段階なので薬物療法は必要ありません。 食事療法と運動療法で生活リズムを整えていくのが基本で、 その上で薬物療法を行なっていくことが重要です。

上記、糖尿病の三大療法について紹介してきました。 どの療法もとにかく継続していくことが重要です。 ただ、「継続は力なり」と頭では分かっていても、 どうしても仕事で忙しかったり、疲れていたりする日もあるので 治療と生活の両立が難しいと感じると思います。 「なんとか仕事と治療を両立しなきゃ」と考えてしまうと、 精神的負担になってしまうので、できることから始めるのがいいでしょう。

【朗報】糖尿病になるよりも三大療法する方が恐ろしいと感じるなら

「あなたは糖尿病の疑いがあります」。 なんて会社の健康診断や人間ドックで、診断結果が出てしまったら、誰でもドキッとしてしまうはず。でも「仕事のせいだ」、「ストレスがたまっているからだ」と疲れている理由で片付けてそのまま放置してしまっては危険です。 手軽にサプリメントを利用するのも1つの手段です。 下記で注目の成分について紹介していますので、ぜひサプリメント選びの参考にしてみてください。

注目成分は酵素

血糖値を下げるとする成分はいくつかありますが、ヘモグロビン A1cまで下げたり体重を減らす成分はなかなかありません。 酵素は、この三つの数値を下げることが期待できる成分となります。 酵素はもともと体の中にある成分ですが、体外から摂り入れることも可能です。 しかし、酵素は熱に非常に弱く、効率的に酵素を摂り入れるためには、非加熱かつ、良質なサプリメントを利用するのが最善の策だと言えます。
酵素の中でも毒出し酵素は、長年の研究開発の末に生み出された独自成分で、実際の効果について第三者機関で臨床試験を行っています。抗糖尿病の臨床試験では、具体的に各数値が改善され、患者も改善を実感したという結果が公表されています。※東方医学(Vol.29 No.4 2013)から引用確実なエビデンスを持ったこの毒出し酵素は、実際の利用者からもたくさんの支持を受けています。

参考文献

[1]参考:山田悟[監修]『忙しい人こそ知っておきたい糖尿病がわかる本』法研,16-17,2014

[2]参考:阪本要一,東めぐみ,高橋一征『<医師><看護師><患者・家族>による糖尿病がわかる本』岩波書店,8-12,2010

当サイトのご利用にあたって

当サイト(糖尿病の末路 初期症状から末期症状まで、危険な合併症の解説と改善・対策・予防ガイド)は、私たち「糖尿病を食から考える会」が運営する、糖尿病に関する情報をわかりやすくまとめたサイトです。当サイトには、できるかぎり最新の、信頼性の高い情報を掲載する心掛けております。ただし、その内容の正確性・安全性について完全に保証できるものではありません。掲載情報の活用については自己責任でお願いいたします。万が一、当サイトの情報によって何らかの損害が発生した場合には、各種専門機関にご相談ください。

糖尿病を食から考える会について