目がかすむ

目のかすみは糖尿病が進行している証拠かも?!

Supervision目がかすむのは糖尿病のサインかも

監修医師

監修医師情報

上野内科・糖尿病内科クリニック
院長

上野 尚彦先生

目がかすんで物が見えにくい…という症状は、眼精疲労などによく見られます。しかし、なかには糖尿病によって引き起こされているケースもあるため、注意が必要です。糖尿病と目のかすみの関係性・対処法について紹介していますので、ぜひチェックしておいてください。

糖尿病による目のかすみはなぜ起きる?

  • 症状

    目のかすみには、「ピントが合わない」「白っぽくかすんで見える」「新聞が読みにくい」「テレビの字幕が読みにくい」といった症状が挙げられます。目のかすみは、さまざまな目の病気・疲労によって引き起こされますが、糖尿病の可能性もゼロではありません。
  • 原因

    糖尿病とは、細胞がエネルギー源であるブドウ糖を取り入れられなくなる病気。血液中にブドウ糖があふれてドロドロ状態となり、血管に多大なダメージを与えるのが特徴です。 この高血糖状態により、深刻なダメージを受けるのが目の網膜。網膜とは、光の明暗・色・形などを識別する組織で、非常に細かな血管が集まっています。 高血糖によるドロドロ血液が血管にダメージを与えると、網膜の細い血管が変形したり詰まったりし、網膜に必要な栄養・酸素が行き届かなくなり、目のかすみが現れるのです。 申請血管が破れて出血することで目のかすみが症状として見られる場合、糖尿病の3大合併症のひとつである「糖尿病性網膜症」に罹患している可能性があります。糖尿病性網膜症とは、糖の代謝異常により、目の網膜に影響を与える病気。初期のうちは自覚症状がなく、静かに進行するのが特徴です。
  • 末路

    糖尿病性網膜症には、初期・中期・末期の3段階があります。初期は自覚症状がほとんど見られませんが、中期になると目がかすむ・見えづらい・視界に黒いゴミのようなものが見える、といった症状が現れます。
    さらに悪化して末期に入ると、視力低下・飛蚊症などの症状が発生。ここまでくると、網膜は不足している栄養・酸素を取り込もうとして、新しい血管を作り始めます(新生血管)。しかし、この新生血管は非常にもろくて破れやすく、出血しやすいのが特徴。出血の量が多いと網膜が機能しなくなり、最悪の場合失明することもあります。
    この網膜症も怖い病気ですが、糖尿病の場合、白内障・緑内障・水晶体出血など、ほかの目の病気も発症しやすくなります。また、進行も早くなるのが特徴です。
    とくに白内障や緑内障は、糖尿病患者がよく発症する病気のひとつで、緑内障の場合は、治療が遅れると失明の危険性もあります。
    目が悪くなることで思ったことができない状態に陥ると、精神的にも辛くなり、糖尿病の治療などにも意欲が持てなくなる可能性があります。
  • 対策

    糖尿病は、初期段階だと自覚症状がほとんど見られない病気です。少しでも「おかしいな」と思うことがあれば、早期発見のためにも、すぐに検査を受けることが大切です。
    日頃からできる対処法としては、できるだけ目を休めること。パソコン・スマホなどを操作する時間が長い人は、使用時間を短くする努力をしましょう。とくに、パソコン・スマホから発せられるブルーライトは網膜に悪影響を与えるため、ブルーライトをカットするメガネ・フィルターなどを使うのも有効です。
    また、紫外線から目を守ることも重要。紫外線のなかでもUV-A(A波)は1~2%ほどが網膜まで到達してしまい、糖尿病ですでにダメージを受けている場合、致命傷になることがあります。目には日焼け止めを塗れないため、紫外線カットのメガネ・コンタクトレンズなどを利用し、目を守るようにしましょう。
監修医師

ここまでの監修をしてくれたのは

監修医師情報

上野内科・糖尿病内科クリニック
院長

上野尚彦先生


サプリを活用してドロドロ血液を改善

目のかすみの原因は、高血糖によるドロドロの血液。つまり、血液の環境を改善してサラサラ状態にできれば、目のかすみも改善していくと考えられます。

血液をサラサラにする成分として挙げられるのは、酵素・ポリフェノール・DHA・ナットウキナーゼなど。これらの成分は食品に含まれているので、普段の食事から摂取できますが、血液環境を改善できるほどの量を取り入れるのは困難です。

そこで役に立つのが、有効成分を効率よく摂取できるサプリメント。足りない栄養素を効率よく補給できるため、忙しい世代はぜひ注目してみてください。

また、サプリメントだけに頼らず、栄養バランスのとれた食事と、適度な運動を心がけることも重要です。