目がかすむ

目のかすみは糖尿病が進行している証拠かも?!

Supervision目がかすむのは糖尿病のサインかも

監修医師

監修医師情報

上野内科・糖尿病内科クリニック
院長

上野 尚彦先生

目がかすんで物が見えにくい…という症状は、眼精疲労などによく見られます。しかし、なかには糖尿病によって引き起こされているケースもあるため、注意が必要です。糖尿病と目のかすみの関係性・対処法について紹介していますので、ぜひチェックしておいてください。

糖尿病による目のかすみはなぜ起きる?

  • 症状

    目のかすみには、「ピントが合わない」「白っぽくかすんで見える」「新聞が読みにくい」「テレビの字幕が読みにくい」といった症状が挙げられます。目のかすみは、さまざまな目の病気・疲労によって引き起こされますが、糖尿病の可能性もゼロではありません。
  • 原因

    糖尿病とは、細胞がエネルギー源であるブドウ糖を取り入れられなくなる病気。血液中にブドウ糖があふれてドロドロ状態となり、血管に多大なダメージを与えるのが特徴です。 この高血糖状態により、深刻なダメージを受けるのが目の網膜。網膜とは、光の明暗・色・形などを識別する組織で、非常に細かな血管が集まっています。 高血糖によるドロドロ血液が血管にダメージを与えると、網膜の細い血管が変形したり詰まったりし、網膜に必要な栄養・酸素が行き届かなくなり、目のかすみが現れるのです。 申請血管が破れて出血することで目のかすみが症状として見られる場合、糖尿病の3大合併症のひとつである「糖尿病性網膜症」に罹患している可能性があります。糖尿病性網膜症とは、糖の代謝異常により、目の網膜に影響を与える病気。初期のうちは自覚症状がなく、静かに進行するのが特徴です。
  • 末路

    糖尿病性網膜症には、初期・中期・末期の3段階があります。初期は自覚症状がほとんど見られませんが、中期になると目がかすむ・見えづらい・視界に黒いゴミのようなものが見える、といった症状が現れます。
    さらに悪化して末期に入ると、視力低下・飛蚊症などの症状が発生。ここまでくると、網膜は不足している栄養・酸素を取り込もうとして、新しい血管を作り始めます(新生血管)。しかし、この新生血管は非常にもろくて破れやすく、出血しやすいのが特徴。出血の量が多いと網膜が機能しなくなり、最悪の場合失明することもあります。
    この網膜症も怖い病気ですが、糖尿病の場合、白内障・緑内障・水晶体出血など、ほかの目の病気も発症しやすくなります。また、進行も早くなるのが特徴です。
    とくに白内障や緑内障は、糖尿病患者がよく発症する病気のひとつで、緑内障の場合は、治療が遅れると失明の危険性もあります。
    目が悪くなることで思ったことができない状態に陥ると、精神的にも辛くなり、糖尿病の治療などにも意欲が持てなくなる可能性があります。
  • 対策

    糖尿病の初期症状だと自覚症状がほとんど見られません。少しでも「おかしいな」と思うことがあれば、早期発見のためにも、すぐに検査を受けることが大切です。
    日頃からできる対処法としては、できるだけ目を休めること。パソコン・スマホなどを操作する時間が長い人は、使用時間を短くする努力をしましょう。とくに、パソコン・スマホから発せられるブルーライトは網膜に悪影響を与えるため、ブルーライトをカットするメガネ・フィルターなどを使うのも有効です。
    また、紫外線から目を守ることも重要。紫外線のなかでもUV-A(A波)は1~2%ほどが網膜まで到達してしまい、糖尿病ですでにダメージを受けている場合、致命傷になることがあります。目には日焼け止めを塗れないため、紫外線カットのメガネ・コンタクトレンズなどを利用し、目を守るようにしましょう。
監修医師

ここまでの監修をしてくれたのは

監修医師情報

上野内科・糖尿病内科クリニック
院長

上野尚彦先生

「目がかすむ」糖尿病網膜症は若い人の方が出やすい!?

放っておけば失明に至るリスクもある糖尿病網膜症。平成2年に行われた厚生労働省の研究班が行った合併症調査では、50〜60代の糖尿病の方の3割以上が糖尿病網膜症であることがわかっています。3人に1人がなっていると聞くと、あながち他人事ではない、というのがお分かりになるのではないでしょうか?

糖尿病網膜症が発症するのは、糖尿病にかかってからの期間が影響するといわれています。もちろん、何年後に発症すると明確な定義はないものの、糖尿病にかかって8年間で糖尿病網膜症を発症する方は約28%。年間3〜4%ずつの割合で網膜症を発症していくことがわかっています。

ここで注意をしたいのが、糖尿病にかかってからの期間というのは、病院で診断された時から始まるわけではないということ。診断時にすでに糖尿病発症から数年経過しているケースでは、網膜症をすでに発症、もしくは発症までの期間が短い可能性もあるのです。

ちなみに、糖尿病というと、中高年の方の病気というイメージが強いかもしれませんが、糖尿病網膜症にかかる若年世代も近年増えているといわれています。これは、日本人の食生活が欧米化してきたことと関係しているのではないかと考えられています。

実際に、年齢別に糖尿病患者の方の糖尿病網膜症の有病率を調べた統計では、糖尿病網膜症の有病率は65歳以上で最も高く43%、40歳未満では23%だったのに対し、網膜症が重症化した増殖網膜症の有病率は、40歳未満が最も高い31%という数字が報告されています。

この結果からわかるのは、糖尿病を発症した方の中でも、若い世代ほど網膜症が重症化しやすいということです。

若いから、と言って大丈夫と思っていても、知らないところで網膜症があなたの目を蝕んでいるかもしれません。

糖尿病網膜症の治療

糖尿病網膜症は、治療技術の発展により、適切な管理と治療を受ければ失明を予防できる病気になりつつあります。

治療には、症状を進展させないための血糖コントロールが何よりも大切です。定期的な精密眼底検査を受け、必要に応じて網膜レーザー光凝固術や、硝子体手術、硝子体内注入などの外科治療や薬物療法を受けることとなります。

精密眼底検査

精密眼底検査とは、網膜部分を詳しくみるために行われる検査で、瞳孔を広げる目薬をして点眼し、専用の機械でチェックしていきます。眼科で眼底検査を受ける際には、光がまぶしく感じられてしまうため、車を運転して通院するのは避けましょう。

硝子体内注入

目の硝子体と呼ばれる部位に、ステロイドや抗VEGF抗体などの薬を注入する薬物療法です。糖尿病による黄斑浮腫への治療法として有効ですが、定期的に行う必要がある点は注意が必要です。

硝子体手術

網膜症が重症化し、網膜剥離や硝子体からの出血が見られる場合に行われる治療方法です。また、網膜浮腫を軽減させる効果もあります。成功率は高く、早期に手術をすれば効果もより高くなる傾向にありますが、視力の回復は0.7以上まで戻るのはまだまだ難しいようです。

網膜レーザー光凝固術

網膜に新生血管ができた場合の新生血管の退縮や、そもそも新生血管ができるの予防するために行われる治療方法です。外来で治療できることや。視力回復はできないものの、視力の維持ができる点。黄斑浮腫に対する治療であれば視力改善が見られることもある点などから、失明を予防するための治療として積極的に行われる治療方法です。

糖尿病網膜症を予防するには?

糖尿病網膜症の予防は、一にも二にも、血糖コントロールと言えるでしょう。
糖尿病の血糖コントロールが悪い方の方が、網膜症を発症しやすく、重症化する方も多いということが指摘されています。緩やかな血糖コントロールを行ったグループよりも、積極的に血糖値を下げる介入が行われたグループのほうが網膜症の発症率は低く保たれていたという報告もありますから、医師の指示に従い、敵越な血糖コントロールを心がけましょう。

また、早期に異変を発見するための定期的な眼底検査を受けることも大切です。先ほども少しご紹介したように、糖尿病発症後、年3〜4%の方が網膜症を発症しています。「いつ発症するかわからない」という認識で、きちんと定期的な検査を受けるようにしましょう。

出典:(PDF) 「糖尿病網膜症 働き盛りの約 300 万人が発症 毎年約 3,000 人が失明~眼科治療技術の進歩により視力回復が可能に~」日本眼科医会 報道資料,2005[PDF]

出典:国立国際医療研究センター 糖尿病情報センターHP「網膜症」(2018年2月22日確認)

出典:日本糖尿病眼学会「糖尿病網膜症について」(2018年2月22日確認)

サプリを活用してドロドロ血液を改善

目のかすみの原因は、高血糖によるドロドロの血液。つまり、血液の環境を改善してサラサラ状態にできれば、目のかすみも改善していくと考えられます。

血液をサラサラにする成分として挙げられるのは、酵素・ポリフェノール・DHA・ナットウキナーゼなど。これらの成分は食品に含まれているので、普段の食事から摂取できますが、血液環境を改善できるほどの量を取り入れるのは困難です。

そこで役に立つのが、有効成分を効率よく摂取できるサプリメント。足りない栄養素を効率よく補給できるため、忙しい世代はぜひ注目してみてください。

また、サプリメントだけに頼らず、栄養バランスのとれた食事と、適度な運動を心がけることも重要です。

糖尿病の症状改善に研究されている成分はコチラ

糖尿病は、血液中のヘモグロビンA1c と血糖値が継続して高くなる病気。つまり、糖尿病の治療は、この2 つの数値をいかに下げるかにポイント。

現在、ヘモグロビンA1c と血糖値を下げる効果があるとされる成分や糖尿病の症状改善に研究されている成分があります。糖尿病の改善に有効とされる成分を栄養バランスに加えて、取り入れることをオススメします。

糖尿病改善のために研究されている成分を詳しく知る

当サイトのご利用にあたって

当サイト(糖尿病の末路 初期症状から末期症状まで、危険な合併症の解説と改善・対策・予防ガイド)は、私たち「糖尿病を食から考える会」が運営する、糖尿病に関する情報をわかりやすくまとめたサイトです。当サイトには、できるかぎり最新の、信頼性の高い情報を掲載する心掛けております。ただし、その内容の正確性・安全性について完全に保証できるものではありません。掲載情報の活用については自己責任でお願いいたします。万が一、当サイトの情報によって何らかの損害が発生した場合には、各種専門機関にご相談ください。

糖尿病を食から考える会について