皮膚のかゆみと糖尿病の関係性

【医師監修】皮膚の乾燥やかゆみは糖尿病の症状?!

Supervision皮膚のかゆみ・乾燥は糖尿病が原因かも

監修医師

監修医師情報

上野内科・糖尿病内科クリニック
院長

上野 尚彦先生

肌がかゆい・乾燥するといった症状は、日常的に見られるものです。しかし、なかには糖尿病が原因となっているケースがあるため、油断は禁物です。ここでは、どのような症状が現れるのか、悪化するとどうなるのかといった、気になる情報をまとめています。

糖尿病による皮膚のかゆみはなぜ起きる?

  • 症状

    肌がかゆいという現象は、誰にでも良くあることです。しかし、糖尿病の症状のなかにも、皮膚の乾燥・かゆみ・かさつきといった症状があるのです。自覚しにくい糖尿病の症状の中でも、比較的早期に現れると言われています。
  • 原因

    糖尿病で多尿・頻尿の症状が現れている場合、脱水症状で体の水分が少なくなっていることがあります。その結果、肌が乾燥し、かゆみが発生します。

    かゆいところがあると、どうしても無意識のうちに掻いてしまいますが、糖尿病を発症している場合は皮膚の免疫力が低下しているため、掻くことで肌を傷つけ、そこから細菌に感染してしまうことがあります。これを皮膚感染症といい、とびひ・たむし・カンジタ症・水虫などが挙げられます。

    また、自律神経障害が起こっている場合は、異常な汗で皮膚が刺激されたり、汗がまったく出ないことにより、乾燥・かゆみが起こる場合もあるようです。
  • 末路

    糖尿病になると、さまざまな原因で皮膚のかゆみ・乾燥が起こります。通常であれば、少しくらい掻いて傷ができてもすぐに治癒しますが、糖尿病の場合は深刻です。

    糖尿病によって免疫力がダウンしているときに傷ができると、そこから細菌・ウイルスが侵入して皮膚病を発症。代謝が悪く治癒しにくいうえ、感覚も鈍くなっているため、気づかないうちに症状が悪化してしまいます。最悪の場合壊疽(えそ)を招き、四肢を切断するという事態も考えられるのです。

    とくに、足の傷は本人だけでなく家族も気づきにくいため、発見したときには手遅れというケースもあります。水虫・靴擦れ・虫刺されの傷などには、注意を払う必要があるでしょう。
  • 対策

    肌のかゆみを防ぐためには、やはり血糖のコントロールが重要です。食事療法・運動療法を基本とする、糖尿病の治療をしっかりと行ないましょう。

    また、肌を清潔に保つために、毎日入浴することも必要です。お風呂の温度はあまりに高いと、逆にかゆみを増発し、肌が余計に乾燥してしまいます。38~40℃くらいのぬるめのお湯で、ゆっくりと入ることをおすすめします。

    体を洗うときは、かゆいからといって強くこすってはいけません。刺激の少ない石鹸・ボディーソープを使い、優しく洗うようにしましょう。お風呂あがりは、肌を保湿するボディークリームなどを活用すると◎です。

    逆に、脇の下や足などの蒸れやすい部分は、パウダーなどで蒸れを防ぐと良いでしょう。汗をかきやすい夏場は、汗で雑菌が繁殖しないよう、清潔を保つよう心がけて。
監修医師

ここまでの監修をしてくれたのは

監修医師情報

上野内科・糖尿病内科クリニック
院長

上野尚彦先生


かゆみ対策は内面からのケアも大事

糖尿病による肌のかゆみを改善・予防するには、皮膚の保護や再生に役立つ成分を意識的に摂ると良いでしょう。

健康な皮膚づくりに役立つのはビタミンですが、その中でもビタミンA・ビタミンCは積極的に摂取するのがおすすめ。また、体のベースとなる良質なたんぱく質も必要となります。

こういった成分は食事から摂取するのが最善ですが、現役世代は毎日の食事で完璧に栄養バランスを整えるのは至難の業。サプリメントや健康食品を利用し、不足しやすい栄養素を補っていくと良いでしょう。

栄養バランスを整え、体の内側からしっかりとケアできれば、徐々に皮膚のかゆみも治まっていくはずです。