糖尿病による、手足がしびれの理由

【医師監修】糖尿病の初期段階?手足のしびれを徹底解説

Supervision手足のしびれは糖尿病のサインかも

監修医師

監修医師情報

上野内科・糖尿病内科クリニック
院長

上野 尚彦先生

糖尿病の初期症状に見られる手足のしびれについて解説しています。糖尿病は自覚症状に乏しい疾病ですが、初期から現れる手足のしびれに気づくことができれば、早期発見・早期改善につながります。病気を悪化させないためにも、どんな症状が起こるのか、チェックしておいてください。

糖尿病による手足のしびれはなぜ起きる?

  • 症状

    正座をしたり、同じ姿勢を長時間続けると手足がしびれますが、通常は時間の経過とともに元へ戻ります。しかし、糖尿病による手足のしびれは、とくに正座などをしなくても、継続的にしびれを感じるのが特徴です。
  • 原因

    糖尿病は自覚症状のない病気なので、知らず知らずのうちに進行し、合併症を引き起こすことがあります。
    糖尿病で発生しやすい合併症は、糖尿病性腎症、目に影響を与える糖尿病性網膜症、そして糖尿病性神経障害の3つです。
    手足のしびれを感じる場合、この糖尿病性神経障害にかかっている可能性が考えられます。
    糖尿病で高血糖が続くと血流が悪くなり、手足の先にある血管(末梢血管)まで酸素・栄養が十分に届かなくなります。また、体内の過剰な糖分のため、糖の代謝産物が神経細胞に蓄積することによって神経障害が発生し、しびれという形で症状が現れるのです。
    手や腕のしびれを感じる方もいますが、足のしびれを訴える方がほとんどです。しびれのほかに、痛みの鈍化が起こる場合もあります。
  • 末路

    糖尿病による神経障害には、おおまかに分けて2種類があります。手足の末梢神経に障害が起きる「末梢神経障害」と、自律神経に障害が起きる「自律神経障害」です。
    末梢神経障害の場合は、手足がしびれたり、つったり、などの症状が現れます。感覚が鈍るのも特徴で、熱さ・冷たさなどを感じにくくなります。こうなると、手足に傷ができても気づかないことが多くなり、治療が遅れて症状が悪化。細菌感染から壊疽を起こし、足や指を切断しなければならなくなることもあります。
    自律神経障害の場合も深刻です。自律神経は心臓・胃腸の働きを調節しているため、この神経に障害が起きると、血圧や脈拍異常によるめまいや立ちくらみ、下痢・便秘などの症状が発生。狭心症などにも発展する可能性があります。
  • 対策

    糖尿病が原因の手足のしびれを改善するには、血糖値のコントロールが重要です。
    食事では、血糖値を上昇させる糖質(炭水化物)を摂りすぎないようにする、血糖値の上昇を抑制する食物繊維を積極的に摂る、といった工夫をしましょう。よく噛んで食事をし、お菓子やジュースなどの量を減らすことも大切です。
    また、適度に体を動かすことも効果的。血糖値のコントロールには有酸素運動が有効とされているため、ジョギング・ウォーキング・水泳・サイクリングといった運動を取り入れると良いでしょう。時間の目安は最低15~30分、呼吸が無理なくできる程度の強度でOKです。
    入浴も血流改善を良くしてくれるので、1日の終わりにはしっかりとお風呂で体を温めましょう。38~40℃くらいのぬるめのお湯で半身浴を行い、手足を優しくマッサージすると血行促進に効果があります。
監修医師

ここまでの監修をしてくれたのは

監修医師情報

上野内科・糖尿病内科クリニック
院長

上野尚彦先生

糖尿病の3大合併症の中でも、症状が出やすい

足(下肢)のしびれについては、糖尿病の3大合併症の中でも特に症状が現れやすいといわれています。初期症状の段階ではまだはっきりとしびれを自覚することはできませんが、血糖値が高くなるほどに合併症が現れやすくなるのです。

両側の足先からのしびれに始まり、徐々に皮膚の感覚異常や痛みなどを生じます。また、しびれと同じく感覚の異常が現れる場合があり、ものに触れた際に感覚が鈍くなるため、ケガをしても気づきにくいといった特徴も。

皮膚を外にさらしているときには何も感じなくても、衣服や靴によって手足の皮膚に直接布などがこすれた場合や、皮膚が冷風やものに触れたとき、または寝ているときに痛みが出現するケースもみられます。

このような、糖尿病の合併症である神経障害が起こる理由はまだはっきりと分かってはいませんが、高血糖の状態が続くことで神経細胞に障害を起こす物質が蓄積し、しびれに繋がるといわれています。

また、高血糖の状態が続くと血流が悪くなるため、神経細胞に酸素や栄養が届けられにくくなるために、しびれをきたすともいわれています。高血糖の状態というのは自分では気づきにくいものですが、体の末端部分に神経障害が出ることで、糖尿病が進行していると疑うことができるでしょう。

末梢神経がダメージを受けはじめると、はじめは手足にピリピリとした感覚を感じます。そのうち、しびれの程度が強くなっていき、ものに触れたときの正常な感覚が鈍くなっていきます。このような状態になると、手足に傷がついても自覚しにくくなるため、そこから細菌感染などを生じ、細胞の壊死へと繋がる危険性が高まるのです。

手足の末梢部分にしびれを感じたら、単なる体の老化や疲れと思わずに、血液の状態をチェックし、早期発見・早期治療を目指しましょう。初期症状の方は適切な血糖コントロールで、これらの症状が現れないように予防することが大切です。

初期症状として出やすい手足の症状

手足の末梢障害には、しびれ以外にもチクチクとした痛みや、ピリピリとした感覚が持続する場合も。神経障害は患者さんによって感じ方が異なり、さまざまな痛みや不快感を生じます。針で刺されるような強い痛みから、電気が一瞬走るような衝撃、焼けるような痛み、あるいは締め付けられるような感じや、素足のまま石を踏むような痛みが走る場合があります。

いずれにしても痛みを我慢し続けるのではなく、すぐに医療機関を受診し、血液検査も含めて体の状態を把握することが大切ですね。

この手足の障害については人それぞれ感じ方が異なり、軽度から中度、中度から重度へと進行するため、はじめからしびれを生じるとは限りません。

痛みの症状のほかにも、熱感を感じる、または熱感からピリピリとした痛みを併発するといった種類もみられます。痛みが強い場合、ピリピリではなくジンジンとするような痛みや、ズキズキと神経そのものが痛むようなものもあります。または、皮膚そのものがヒリヒリするような痛みが出現する方もいるようです。

すでに手足の感覚が鈍くなっており、少しケガをしたくらいでは痛みを感じないといった場合には、早急に糖尿病の専門科を受診し、血糖コントロールを行う必要があります。

糖尿病はある程度進行しなければ症状が現れない病気であり、初期症状のうちは自分自身でも気づきにくいことが特徴です。そのため、手足の末端部分に障害が現れても、今までどおりに見過ごしてしまう方が少なくありません。

しかし、血糖値を測定することで正しく体の状態が把握できるため、糖尿病に由来する神経障害であると判断された場合には、それ以上病気を進行させないように食事や運動などを組み合わせていきます。

まだしびれに至っておらず、比較的症状が軽度の場合でも、血糖値や血圧、体重、肥満度などを総合的に診て、そこから一人一人に適した目標値を定めていきます。患者さんの状態に応じて、体重を減らしたり、血糖をコントロールしたりするなど、取り掛かるべき項目が異なりますので、医師とよく相談のうえ、治療計画を組み立てましょう。

しかし自分自身の症状と、血液や体の状態を正しく把握するということはとても重要なことであり、医師の指示に従って取り組むことで、チクチク感やしびれなどの症状を緩和させることができます。

進行するとどうなるのか

糖尿病性神経障害は、体の末端に始まり、徐々に体全体へと関連してくる病気です。

症状や原因により進行の程度は異なりますが、感覚異常や麻痺に始まり、関節部にまで麻痺を生じたり、運動機能が損なわれることで糖尿病の治療とは別にリハビリテーションが必要となったりするケースも少なくありません。

糖尿病性神経障害には、手足のしびれや麻痺などといった運動神経に関する障害のほかにも、自律神経に関わる障害もあります。発汗異常や便通異常、膀胱障害、無自覚性低血糖など、明らかな代謝異常を生じてくると、糖尿病の合併症を疑うことができます。

また、血管閉塞が生じると脳神経や顔面神経の麻痺、あるいは四肢の神経障害を起こすことも。

これらが進行すると、痛みやケガに気づかずにそのまま患部を放置してしまい、壊死を起こして、その部分を切り取らなければならなくなります。

初期症状の段階で、単なるしびれや皮膚の痛みだからと放置していると、次第に心臓の神経が障害され、痛みのない狭心症や心筋梗塞である「無痛性心筋虚血」や無自覚性低血糖による意識消失や発作、致命的な不整脈などに繋がる可能性が高まることも。

これらの症状はいわゆる「突然死」の危険をはらんでおり、無自覚に症状が進んでいくため、手足の神経症状が現れた場合にはさらに症状を進行させないように、早急に血糖コントロールなどを行わなければなりません。

神経障害と診断された場合は、血糖値をこまめにチェックし、普段の食事や運動などから血糖値を適正値にコントロールすることが重要です。手足はケガに注意し、少しの傷も見逃さず、毎日チェックを。タバコについても血流障害を引き起こす要因となるため、禁煙を心がけるようにしましょう。

また、血液の質に直結するものは第一に、毎日の食事が挙げられます。極端な食事制限を行う必要はありませんが、血糖コントロールに有効とされているビタミンの摂取や、ヘモグロビンA1cの低下に効果が期待できる成分を積極的に取り入れることがおすすめです。

神経障害にはビタミンが有効

手足のしびれは、糖尿病性の神経障害が原因。つまり血糖値が原因となっているため、その数値を適切なレベルでコントロールする必要があります。症状が軽ければ血糖値コントロールだけでも改善できますが、悪化すると元に戻らなく恐れがあるため、早めの対処を心がけましょう。

その対処法として必要なのが食事療法と運動療法ですが、神経障害の場合はビタミンB12の摂取が効果的とされています。ビタミンB12は、鶏レバー・さんま・赤貝・しじみなどに多く含まれていますが、十分な摂取が難しい場合はサプリメントを利用すると良いでしょう。その際にはビタミンB12だけでなく、他の栄養素もバランスよく摂れるものを選ぶと◎です。 [1]

糖尿病の症状改善に研究されている成分はコチラ

糖尿病は、血液中のヘモグロビンA1c と血糖値が継続して高くなる病気。つまり、糖尿病の治療は、この2 つの数値をいかに下げるかにポイント。

現在、ヘモグロビンA1c と血糖値を下げる効果があるとされる成分や糖尿病の症状改善に研究されている成分があります。糖尿病の改善に有効とされる成分を栄養バランスに加えて、取り入れることをオススメします。

糖尿病改善のために研究されている成分を詳しく知る
参考文献

[1]「ビタミンB12欠乏性神経障害」畑中裕己

当サイトのご利用にあたって

当サイト(糖尿病の末路 初期症状から末期症状まで、危険な合併症の解説と改善・対策・予防ガイド)は、私たち「糖尿病を食から考える会」が運営する、糖尿病に関する情報をわかりやすくまとめたサイトです。当サイトには、できるかぎり最新の、信頼性の高い情報を掲載する心掛けております。ただし、その内容の正確性・安全性について完全に保証できるものではありません。掲載情報の活用については自己責任でお願いいたします。万が一、当サイトの情報によって何らかの損害が発生した場合には、各種専門機関にご相談ください。

糖尿病を食から考える会について