糖尿病による月経異常や不妊について

【医師監修】月経異常や不妊も、糖尿病が原因?!

Supervision月経異常は糖尿病のサインかも

監修医師

監修医師情報

上野内科・糖尿病内科クリニック
院長

上野 尚彦先生

女性の月経異常や、それに関連した不妊症は、糖尿病の初期症状が原因となっていることがあります。なぜ糖尿病が月経異常・不妊症を引き起こすのか、その原因について詳しく解説しています。

糖尿病による月経異常はなぜ起きる?

  • 症状

    女性が糖尿病になると、月経異常が見られることがあります。月経異常とは、生理がこない状態、もしくは月経周期が不順な状態のことをいいます。

    糖尿病に罹患している女性の約20%が月経異常を経験しているというデータがあり、その発生率は1型・2型糖尿病ともに高くなっています。
  • 原因

    糖尿病の場合「インスリンの分泌が少なくなる」「インスリンが効きにくくなる」などの状態になりますが、排卵にはインスリンの働きが欠かせないため、糖尿病にかかると月経異常になることがあります。

    月経の周期は月経が始まるとともに低体温期が2週間続き、排卵とともに高体温期に移行して2週間その状態が継続。そしてまた月経が始まり、低体温期に移行する…というサイクルが一般的です。

    しかし、インスリンの働きが鈍ると正常なサイクルを保てなくなり、月経異常が発生。月経がこなくなると排卵がなくなり、高体温期がまったく見られなくなるのが特徴です。
  • 末路

    排卵がないということは妊娠準備もできないため、不妊状態となります。妊娠できたとしても、子宮の状態を正常に保てない場合が多く、流産率も高くなります。

    また、糖尿病の影響で体重が減少すると、月経が止まってしまいます。一般的に、短期間に10%以上体重が減少すると無月経になるようです。

    糖尿病による月経異常の改善には、血糖値コントロールが欠かせませんが、女性の場合は血糖値だけでなく、ホルモンバランスも同時にコントロールしなければなりません。月経異常の期間が長くなればなるほど不妊症のリスクも高くなるため、妊娠を希望する場合は早めの検査・治療をおすすめします。
  • 対策

    血糖値に関与するインスリンと女性ホルモンであるプロゲステロン・エストロゲンには、密接な関わりがあります。お互いが影響を受けているため、どちらか一方をコントロールすればいいというわけではありません。血糖値とホルモン分泌の状態をしっかり把握し、適切に対処していく必要があります。

    月経不順の場合は、まず基礎体温を測ることと、定期的な血糖値のチェックが重要。月経前になると血糖値が上昇しやすくなるため、食物繊維の多い食品(海藻・根菜など)を積極的に摂るようにしましょう。人によっては食欲が増加するケースもありますが、甘いものや炭水化物をドカ食いするのは厳禁です。

    正常な月経周期を取り戻すということは、ホルモンの状態が良くなることを意味します。その結果、肌の調子が良くなったり、月経自体を取り戻して自信に満ちあふれた顔になったりと、体だけでなく気持ちの面にも好影響。実際に、糖尿病治療が進んだという方も多くいます。
監修医師

ここまでの監修をしてくれたのは

監修医師情報

上野内科・糖尿病内科クリニック
院長

上野尚彦先生


月経異常を改善するには、栄養バランスを整えることが大事

血糖値が原因で月経異常が起きている場合、女性ホルモンのバランスが乱れていることがほとんど。それを整えるには、摂取した栄養素が体内でしっかりと機能できるよう、バランスよく栄養を摂ることが重要です。

しかし、どんなに食事内容に気を配ったとしても、必要な栄養素をまんべんなく毎日摂取し続けるというのは難しいもの。栄養バランスが乱れることを不安に思い、ストレスになってしまってはホルモンバランスにも悪影響です。

食生活の偏りを整えたい場合は、いつもの食事にプラスして糖尿病改善のために研究されている成分の入ったサプリメントを利用してみましょう。

月経異常とは不正出血や月経不順など、正常な状態で月経が行われない状態を指します。

女性には比較的一般的な症状ですが、不順状態が何ヶ月も続く場合には、すみやかに医療機関を受診する必要があります。

栄養バランスを整えることは、健康を維持するだけでなく体の内側から病気や不調を予防することにもつながります。ここでは、栄養素と月経異常、糖尿病と月経の関係をまとめています。

栄養素の欠乏が月経異常を招く可能性も

健康センターを利用している女子学生を対象に行われた調査では、月経不順な人は食事を抜くなどの「欠食」が多く、なかでも卵・肉・魚などのタンパク質と野菜などの緑黄色野菜、そしてカルシウムを豊富に含む牛乳の摂取が少なかったことがわかりました。

また、月経不順の学生については、だるさなどの身体症状や睡眠の質の低下なども顕著にみられ、普段から眠れないと感じている人が多くみられました。

このことから、栄養が不足しているとホルモンバランスが乱れるだけでなく、睡眠など生活に必要な行動にも影響を及ぼす可能性があることが分かります。

さらに研究では、月経不順の学生に不足しているビタミン・ミネラル類・タンパク質などの栄養素に加え、体重や睡眠を加えた5つの要因が月経不順に関係していると考えられました。

月経不順を改善するためには、食生活を中心にライフスタイル全体を見直し、睡眠を整えて普段の健康状態の改善と保持を行うことが重要と考えられています。[1]

[1]出典:人間生活文化研究 Int J Hum Cult Stud. No.23 2013:月経症状に及ぼす生活関連因子の検討


偏りのない食事で体内バランスを整える

ホルモンバランスの改善には、バランスのとれた食事がとても重要です。食べものとホルモンには一見関係がないように見えても、偏った食事を続けることで体をめぐる栄養素に偏りが生じ、その結果として必要な栄養素が不足してしまいます。

偏った食事をしていると栄養バランスが乱れるだけでなく、ホルモンバランスまで乱れます。また、食事時間がずれると体のリズムもずれ、ホルモンの分泌を悪くします。


糖分の多い食事は糖尿病のリスクを上げる

一般的に糖尿病の女性の42%に月経異常があるといわれていますが、糖尿病の患者さんの場合、糖尿病を発症したことがきっかけで月経がこなくなるという「続発性無月経」が多くみられます。

これは糖尿病を発症し、短期間のうちに10%から30%の体重減少をきたしたために、無月経になってしまうものと考えられていますが、血糖コントロールを適切に続けていけば、体重が理想体重になり、月経が正常化する可能性があります。

また、月経周期が安定せず、長くなったり短くなったりする異常も少なくありません。

この場合は毎日基礎体温をつけて、黄体ホルモンが機能しているかチェックしなければなりませんが、糖尿病の治療も同時に続けていくことで、はっきりと病気による影響を確認することができます。[2]

[2]出典:DIABETES NEWS No.29:糖尿病女性と月経異常


甘いものや炭水化物を中心とした食事は、生活に必要なエネルギーがたっぷり摂れる反面、上記のように無月経や月経異常につながる糖尿病のリスクを上げたり、生活習慣病や肥満の原因になったりする可能性も。

糖尿病と月経異常は一見無関係のように思えますが、1980年頃から、糖尿病患者の女性の15%に無月経の症状が認められていることから、医師のあいだでは広く知られており、少しでも糖尿病のリスクがある方については、早めに血糖コントロールを行うことが大切です。

「糖尿病患者の排卵障害に関する研究」では、34歳以下の糖尿病患者の女性について継続的に調査を行い、糖尿病が及ぼす関係を調べたところ、糖尿病による代謝の異常が月経異常をきたす可能性が考えられました。

このような研究からも分かるとおり、栄養素と糖尿病、生活習慣と糖尿病には密接な関係があります。できるだけバランスのとれた食事を規則正しく取って生理不順を解消するよう心がけましょう。


月経不順を改善するために摂りたい栄養素

生理不順で積極的にとりたい栄養素としてはビタミンEを含む玄米、小麦胚芽油やビタミンB群が豊富な 玄米、豆類、豚肉、にんにくなどのほかに、カルシウムを含む小魚、海藻や血液の材料となる鉄分を含むほうれん草、小豆、黒豆などがおすすめ。

大豆製品も女性ホルモンの役割を果たしてくれるためおすすめです。豆腐、豆乳、納豆などはいずれも気軽に摂れる大豆食品で、普段の食事に摂り入れるだけで、ホルモンバランスの安定に必要な栄養素を摂り入れることができます。[3]

[3] 出典:東京医科大学病院薬剤部 No.79:お薬のしおり


健康を維持するためには冷え性や冷えを避けて体を温める必要がありますが、体温が上がると血のめぐりが良くなり、免疫力や神経系などのバランスが整って、睡眠の質が向上します。

ホルモンバランスにも当然影響を与えますので、普段からバランスのとれた食事に加えて、お湯やお茶などの温かいものを口にすると良いでしょう。

糖尿病の症状改善に研究されている成分はコチラ

糖尿病は血液中の血糖値とヘモグロビンA1cがそれぞれ高くなり続ける病気です。糖尿病の治療は、この2種類の数値をいかにして正常値に下げるかがポイントとなります。

当サイトでは、血糖値やヘモグロビンA1cを下げる効果が期待されているポリフェノールやサポニンなどの成分を紹介しています。

ぜひ、糖尿病対策や食生活改善の参考に役立ててみてください。

糖尿病改善のために研究されている成分を詳しく知る

当サイトのご利用にあたって

当サイト(糖尿病の末路 初期症状から末期症状まで、危険な合併症の解説と改善・対策・予防ガイド)は、私たち「糖尿病を食から考える会」が運営する、糖尿病に関する情報をわかりやすくまとめたサイトです。当サイトには、できるかぎり最新の、信頼性の高い情報を掲載する心掛けております。ただし、その内容の正確性・安全性について完全に保証できるものではありません。掲載情報の活用については自己責任でお願いいたします。万が一、当サイトの情報によって何らかの損害が発生した場合には、各種専門機関にご相談ください。

糖尿病を食から考える会について