その症状悪化に待った!糖尿病改善読本

その症状悪化に待った!糖尿病改善読本

具体的な症状は?改善法は?糖尿病と向き合おう!

基礎知識編 糖尿病の症状や診断基準である数値を知る
  • 原因によって異なる糖尿病の種類
  • 自覚があったら黄色信号!糖尿病の主な症状
  • 糖尿病の診断基準となる気になる数値のこと
症状悪化編 糖尿病が引き金となる様々な病気に注意
  • 本当は一番怖い糖尿病による合併症
  • 糖尿病と関わりのある様々な病気
  • 【特集】症状悪化をくいとめる「毒出し酵素」とは?
改善アドバイス編通常の治療+効果的な成分を取り入れる
  • 糖尿病に有効な治療方法
  • ヘモグロビンA1c・血糖値を下げる有効な成分
  • 【特集】糖尿病改善にオススメの健康食品5選

糖尿病の症状改善読本 » 自覚があったら黄色信号!糖尿病の主な症状 » 【女性特有】月経異常

【女性特有】月経異常

ここでは、糖尿病の症状のひとつ「月経異常・不妊」についてまとめています。

月経異常は糖尿病のサインかも

若い女性が糖尿病になると、月経異常が見られることがあります。月経異常とは、生理がこない状態、もしくは月経周期が不純な状態です。

糖尿病の場合「インスリンの分泌が少なくなる」「インスリンが効きにくくなる」などの状態になりますが、排卵にはインスリンの働きが欠かせないため、糖尿病になると、月経異常になることがあります。

月経異常に悩む女性月経の周期は普通、月経がはじまるとともに低体温期が2週間続き、排卵とともに高体温期に移行し2週間、そしてまた月経がはじまって低体温期に移行する…というように、基礎体温が変化します。

糖尿病で月経異常になり、生理が来なくなると、排卵がなくなり高体温期が全く来なくなります。中には、何年も生理がこないという方もいます。

排卵がないということは、妊娠準備もできないため、当然のように不妊状態となります。妊娠できたとしても、子宮の状態が正常に保てない場合が多く、流産率も高くなります

もう一つ、糖尿病が進んで体重が減少するようになると、月経も止まってしまいます。一般的に、短期間に10%以上体重が減少すると、無月経になるようです。

糖尿病の治療を行ない、血糖コントロールができるようになると、インスリンの調整もでき、月経も戻ってくるでしょう。長期間月経がないと、子宮の粘膜にも異常が出る可能性があるので、早めに治療しましょう。

月経を取り戻すことで糖尿病自体の改善が進むことも

月経を取り戻すということは、ホルモンの状態も良くなることを意味します。その結果、肌の調子が良くなったり、月経自体を取り戻して自信に満ちあふれた顔になったりと、体だけでなく気持ちの面でも明るくなり、実際に糖尿病治療が進んだという方も多くいます。

あなたの月経異常や不妊の原因は、糖尿病ではありませんか?思い当たる方は一度早めに検査することをオススメします。

サプリのイメージ画像糖尿病の主な症状は日常生活の食事で改善できますが、有効成分の含有量は少ないため必然的に食べる量は多くなり、食生活が偏る原因にも。
サプリメントであれば、食材よりも有効成分が豊富に含まれているほか、手軽に摂取できるのでオススメです。「おすすめ健康食品5選」のページでは、豊富に有効成分が配合されているサプリメント・ドリンクなどを紹介しています。 >>糖尿病の症状を改善させるおすすめサプリ・健康食品5選

ページの先頭へ