糖尿病の症状、のどの渇きの原因

【医師監修】のどの渇きや口の中のネバネバは、糖尿病のサインかも

Supervision異常な「のどの渇き」は糖尿病のサインかも

監修医師

監修医師情報

上野内科・糖尿病内科クリニック
院長

上野 尚彦先生

ここでは、糖尿病の症状のひとつである、「のどの渇き」についてまとめています。通常ののどの渇きとの違いや、症状が現れた際の対処法についてもチェックしておいてください。

糖尿病による「のどの渇き」とは

  • 症状

    日常的にのどが渇くのは必然ですが、糖尿病の症状としての「のどの渇き」とは様子が違います。

    糖尿病の場合は、普通の状態でものどの渇きを感じ、いくら水分を摂っても渇きが癒えません。就寝時でも、のどの渇きで中途覚醒してしまい、水分を摂取。その結果、尿の量が増えてトイレに頻繁に行くようになるのも特徴です。なかには、口の中に粘り気を感じるという方もいます。
  • 原因

    糖尿病とは、体がブドウ糖を吸収しきれなくなり、血液中の血糖値が異常に高くなってしまう病気です。血糖値があるところまで高くなると、高くなった分が尿中に漏れ出します。その時に体内の水分も出ていくため尿が生成され、その量が多いと脱水になり口渇感が発生します。
    水分を多く摂ると、当然ですが尿の量が増えます。尿の量が増えると、脳は体が「水分不足、脱水状態である」と判断し、水分補給をするよう指令を伝達。通常、体が必要とする水分は腎臓で再吸収されて体に戻ってくるのですが、糖尿病で血液の浸透圧が高まっていると、必要な水分まで排出されてしまうため、飲んでも飲んでものどが渇くという状態が続くのです。

    多飲には個人差がありますが、1日3~4リットルの水分を摂取している場合、糖尿病の疑いもあると考えて良いでしょう。
  • 末路

    のどの渇きで問題なのは、血糖値の上昇による脱水状態に、脳が異常に反応してしまうことです。
    糖尿病が進行すると、寝ている時にでものどの渇きを感じ、起きてしまうほどです。そして、水分を摂りすぎ→トイレの回数が増え→また水分を摂る…という悪循環に陥っていきます。

    のどの渇きのせいで不眠になることもありますし、水分の摂りすぎは腎臓に負担をかけることにもなります。水を多く飲みすぎることによる「水中毒」になる恐れもあるため、早めの対処が必要です。
  • 対策

    のどの渇きが我慢できないときには、無理をせずに水分を摂りましょう。しかし、その際は、必ず水を飲むようにします。

    ここで、スポーツドリンクなどの糖分を含むものを飲んでしまうと、さらに血糖値が上がり、のどの渇きが悪化します。水分補給に適した飲み物は、水・麦茶・ほうじ茶・そば茶など。冷たいと血行が悪くなってしまうため、常温もしくはホットで飲むようにしましょう。

    1回の水分補給量ですが、コップ1杯程度(200~250ml)が目安。1回にこれ以上飲んでも、体は吸収してくれません。飲むタイミングは、起床後・食前・入浴の前後。食事中や食後に水分を摂取すると、消化機能が低下するので要注意です(水で胃酸が希釈されるため)。

    適切な対処で血糖値をコントロールできるようになると、自然にのどの渇きはおさまってきます。ただし、のどの渇きだけで糖尿病のレベルをはかるのは難しいため、早めに一度検査をし、医師の指導の下できちんと治療をした方が良いでしょう。
監修医師

ここまでの監修をしてくれたのは

監修医師情報

上野内科・糖尿病内科クリニック
院長

上野尚彦先生

当サイトオススメの糖尿病改善の成分はコチラ

食事の基本は「栄養バランスのとれたもの」ですが、忙しくてなかなか自炊ができない・すべての食事でバランスを考えるのは難しい…という方も多いと思います。

糖尿病の症状を改善の研究がされている成分を上手に摂取し、サプリメントなどを上手に活用しましょう、偏りがちな栄養バランスを効率よく整えることができます。

とはいえ、まんべんなく栄養を摂取することをオススメします。