糖尿病による、頻尿・多尿の原因

【医師監修】尿が多くなるという症状は糖尿病が原因?!

Supervision尿の量が多いのは糖尿病のサインかも

監修医師

監修医師情報

上野内科・糖尿病内科クリニック
院長

上野 尚彦先生

尿の量が増える・トイレが近くなるといった症状は、糖尿病の前兆・初期に見られる症状のひとつ。なぜ糖尿病で多尿・頻尿になるのか、症状が進行すると最終的にどうなるのかについて解説していますので、ぜひチェックしてみてください。

糖尿病による多尿・頻尿はなぜ起きる?

  • 症状

    多尿・頻尿は、糖尿病の症状の一種でもあります。今まで行っていたトイレの回数から明らかに回数が増えた、尿の量が異常に多くなったと感じることがあれば、糖尿病になりかけの状態・もしくは初期段階かもしれません。
  • 原因

    糖尿病になると、血液の中のブドウ糖量が増えて、血糖値が170mg/dl以上になると、尿中にブドウ糖が漏れ出るようになります。この時体の水分も糖と一緒に出ていくので脱水となり、異常にのどが渇くようになります。その結果、摂取する水分の量が増加するのです。

    のどの渇きを感じて水分をどんどん摂ると、体が水分を吸収しきれず、尿として排出するようになります。これにより多尿になりますが、膀胱に貯めておける量は変わりませんので、結果、頻尿になります。

    また、糖尿病が進行すると神経にも障害がおよび、排尿をうまくコントロールできなくなります。これにより、頻尿や残尿感などの症状が起こることもあります。
  • 末路

    のどの渇きによる多飲、その結果である頻尿・多尿が見られる場合、糖尿病に罹患している可能性があります。
    たかが多尿・頻尿とあなどってはいけません。糖尿病の怖さは、裏で着々と進行している合併症にあるのです。明確な症状があるにも関わらず、治療をせずにいると、最終的には合併症による失明・壊疽による四肢切断・人工透析などが待っています。
    尿が多いというのは、まだ糖尿病では初期の段階です。ここでしっかり対処できれば、恐ろしい合併症を防ぐことも十分に可能となります。
  • 対策

    尿の量が多い・トイレの回数が多い場合、「水分の量を減らせばいいのでは?」と思いがちですが、これは大きな間違い。水分の量を極端に減らしてしまうのは、糖尿病にとって非常に危険な行為なのです。

    糖尿病の場合、水分摂取量の目安は1日あたり1,500~2,000ml。一気に大量を飲むのではなく、コップ1杯くらいの量を、食事や食間などでこまめに摂取するようにします。
    飲むものは、水・麦茶などが基本。糖分を含んだ清涼飲料水・果汁飲料・スポーツドリンクなどは避けるようにしましょう。こういった飲料を日常的に飲むと、血糖値が上がって余計にのどが渇きやすくなります。

    水分の摂取は季節を問わず重要となるため、正しい量とタイミングを守って摂取するよう心がけましょう。
監修医師

ここまでの監修をしてくれたのは

監修医師情報

上野内科・糖尿病内科クリニック
院長

上野尚彦先生

多尿・頻尿の改善には血糖値コントロールが必須

尿の量が多い・尿の回数が多いといった症状は、血糖値のコントロール異常が原因となっています。つまり、血糖値をうまく調節できるようになれば、症状の改善につながるというわけです。

血糖値コントロールに必要なのは、血糖値を急上昇させない食生活と、適度な運動。食生活はカロリーの摂りすぎに気をつけつつ、栄養バランスのとれた食事をすることが大切です。体に必要な栄養をしっかりと補給できれば、臓器の機能も正常化。血糖値を司るインスリンも、適切に機能できるようになります。

栄養バランスは食事で整えるのが一番ですが、どうしても不足してしまう栄養素が出てきます。糖尿病改善の研究をされている成分の入ったサプリメントを上手に活用し、補完していくと良いでしょう。