糖尿病による体重減少や体重増加の理由

【医師監修】体重の減少・増加は、糖尿病の初期症状かも

Supervision体重の減少・増加は糖尿病のサインかも

監修医師

監修医師情報

上野内科・糖尿病内科クリニック
院長

上野 尚彦先生

糖尿病になると、体重が減ったり・増えたりするという現象が起きます。なぜこのような状態になるのか、その仕組みと対処法について詳しくまとめてみました。

糖尿病による体重減少・増加はなぜ起きる?

  • 症状

    体重増加は、糖尿病発症のサインである可能性があります。この状態を放置し、症状が悪化していくと、今度は体重が減っていくのが大きな特徴です。どんなに食べても体重が減るという場合は、糖尿病を疑った方が良いでしょう。
  • 原因

    糖尿病の初期、もしくは糖尿病予備軍になると、細胞がブドウ糖をうまく吸収できなくなってきます。すると、体は栄養をもっと欲しがり、食欲が旺盛になっていきます。
    この食欲に合わせて食事を続けると、必要以上の脂肪を蓄えてしまい、体重が増加し・肥満傾向になってしまいます。のどの渇きなど別の症状も見られる場合は、糖尿病初期の可能性が高いため、一度検査を受けた方が良いでしょう。
    この段階の糖尿病が発覚した場合は、運動習慣や食生活の改善などで、十分に病気の進行を食い止めることができます。対処は早ければ早いほど効果が出やすいため、「まだ大丈夫だろう」などと油断しないことが大切です。
  • 末路

    糖尿病の初期では、体重が増加する傾向があるとお知らせしましたが、症状が進行すると、逆に今度は体重減少が始まります。
    生活習慣が大きく変わったわけでもないのに、半年で体重が5%減少した場合は、糖尿病に罹患している可能性が高いと言えます。
    ブドウ糖をうまく取り込めない状態が続くと、体の器官や組織自体が栄養不足に陥ります。すると、器官や組織にも異常が発生し、やっと取りこめた栄養も吸収できずに排出してしまう…という悪循環が起こってきます。
    こうなると、いくら食べても飲んでも体が栄養を取り込めないため、体重も減ってくるというわけです。
    体重が減少するほどの糖尿病は、かなりの重症。1型糖尿病の場合は糖尿病性ケトアシドーシス、2型糖尿病の場合は高血糖性高浸透圧状態を起こすこともあり、最悪の場合死亡する可能性があります。
  • 対策

    症状の改善を図る場合、体重の減少が起こる前に、食事療法・運動療法を進めていくことが重要となります。
    高血糖が続くとインスリンの働きが鈍くなりやすいため、正常な機能を保てるよう、できるだけすい臓に負担をかけないようにします。ここで必要になるのが食事療法です。
    食事療法では、血糖値を急上昇させやすいお菓子やソフトドリンクなどの甘いものを控え、炭水化物を取り過ぎずバランスよく摂取するのが基本。食物繊維が豊富な食材を先に食べ、血糖値を上げにくい状態にするのも有効です。味付けも、食欲を増進させる濃いものは避けるようにします。
    食事によって血糖値を適切にコントロールできれば、すい臓の負担を大幅に軽減でき、症状が徐々に改善。体重の増加、ならびに減少を防ぐことにつながります。
監修医師

ここまでの監修をしてくれたのは

監修医師情報

上野内科・糖尿病内科クリニック
院長

上野尚彦先生


糖質を抑えつつ、栄養バランスを整えることが重要

糖尿病による体重の増減を防ぐには、糖質を抑えつつ、栄養バランスの整った食事を心がけることが大切。炭水化物の量を減らすのはもちろんですが、食事全体の栄養バランスが整っていないと効果が出にくくなってしまうため、常に気を配るようにしましょう。

しかし、仕事などで毎日忙しく過ごす世代にとって、毎日キッチリ栄養バランスのとれた食事を続けるのは難しいもの。そこで上手に利用してもらいたいのが、必要な栄養素を手軽に補給できるサプリメントです。毎日の食事にサプリをプラスして栄養バランスを整え、食事の量や食べ方を気をつけましょう。