その症状悪化に待った!糖尿病改善読本

その症状悪化に待った!糖尿病改善読本

具体的な症状は?改善法は?糖尿病と向き合おう!

基礎知識編 糖尿病の症状や診断基準である数値を知る
  • 原因によって異なる糖尿病の種類
  • 自覚があったら黄色信号!糖尿病の主な症状
  • 糖尿病の診断基準となる気になる数値のこと
症状悪化編 糖尿病が引き金となる様々な病気に注意
  • 本当は一番怖い糖尿病による合併症
  • 糖尿病と関わりのある様々な病気
  • 【特集】症状悪化をくいとめる「毒出し酵素」とは?
改善アドバイス編通常の治療+効果的な成分を取り入れる
  • 糖尿病に有効な治療方法
  • ヘモグロビンA1c・血糖値を下げる有効な成分
  • 【特集】糖尿病改善にオススメの健康食品5選

糖尿病の症状改善読本 » 糖尿病に有効な治療方法

糖尿病に有効な治療方法

このカテゴリーでは、糖尿病の治療方法についてまとめています。

糖尿病の治療方法

糖尿病には、1型糖尿病と2型糖尿病があり、たんぱく質ホルモンである「インスリン」がベータ細胞の中で生成されなくなると発症します。糖尿病の種類によってその治療法は異なります。

1型糖尿病については、正確な原因は解明されていませんが、この症状になるのは稀です。国内における年間発症率は、10万人中1~2人と極わずか。1型糖尿病は、ウイルスなどの何らかの原因によってベータ細胞が壊れ、インスリンをほとんど、あるいは全く作らなくなって引き起こされます。

治療では、毎日インスリンを注射して、インスリンの量を増加させる必要があります。

一方、2型糖尿病は、国内の糖尿病患者の95%を占めています

2型糖尿病は、肥満や過食、運動不足、ストレスなど、日々の生活の要因が重なり、発症する可能性が高い糖尿病です。2型糖尿病はインスリンの量が減少、あるいは細胞膜の上にあるたんぱく質「インスリン受容体」の働きが低下することで引き起こされます。

身体が元気でいるためには、インスリンによって細胞内に取り込まれたブドウ糖が、細胞に栄養をあげる必要があります。しかし、インスリンは、細胞膜にあるインスリン受容体と結合しなければ上手く機能しないのです。

2型糖尿病の主な治療法は、食事療法、運動療法、薬物療法の3つ。糖尿病になると、まず、食事療法と運動療法に取り組むことになります。この2つは必ずセットで行います。肥満や過食などが原因で糖尿病になった場合は、この2つの療法に真剣に取り組むことで大体の場合、改善が見込めます。この2つの治療法はこの先ずっと、継続して行う必要があります。

以下のカテゴリーでは、特に患者数の多い2型糖尿病の治療法について紹介しています。

食事療法

糖尿病の食事療法では、過食・偏食をせずに規則正しい食生活を実践していきます。糖尿病治療の食事療法と聞くと、まるでボクサーのような極端な食事制限をイメージしますが、実際は必ずしもそうではありません。また、糖尿病を改善させるための特別なメニューもありません。1日3食バランスの良い食事を心掛け、長く続けることが大切です。

項目ごとに摂取すべき代表的な食品は、以下の通りです。

  • 糖質を含む食品…穀物、芋など
  • たんぱく質を含む食品…魚、チーズなど
  • 脂質を含む食品…バラ肉、ゴマなど
  • ビタミン・ミネラルを含む食品…野菜、海藻など
  • 果物や牛乳なども取り入れる

これらの食品群の中から何かひとつでも欠けた場合、バランスの悪い食事となってしまう可能性があります。総摂取カロリー内で、幅広くバランスの取れた食材を取り入れるのが、糖尿病治療の食事療法になります。

しかし、合併症がある場合は食事療法の内容が異なるため、医師に相談するようにしましょう。

このページでは、食生活における1日の適正なエネルギー量のことや、糖尿病で悩んでいるならレシピに入れたいおすすめ食材、食事で気を付けるべきことなどについてまとめています。

運動療法

運動をすると、ブドウ糖は筋肉に取り込まれやすくなります。これにより、脂肪酸とブドウ糖の利用が捗るようになり、血糖値が下がって糖尿病が改善します。

運動には、レジスタンス運動と有酸素運動との2種類があります。

レジスタンス運動では、ダンベルなどを使用して筋肉に負荷を掛けていきます。

有酸素運動は、水泳などの全身運動で長く続ければインスリンが活発になります。糖尿病の患者さんには有酸素運動がおすすめですが、誤った方法で運動を行うと糖尿病が悪化することも。人によっては運動療法が制限される場合もあるので、食事療法と同じく医師の指導を受ける必要があります。

推奨される有酸素運動の代表としては、先ほども挙げた水泳のほか、ウォーキング、軽いジョギング、サイクリングなど。特にウォーキングは準備も不要で、気軽に始められる有酸素運動なのでお勧めです。血糖値の上がる食後に行うのが理想的で、ウォーキングなら30分程度、ジョギングなら15分程度を目安に、最低でも1日おきに行うことで効果があがるとされています。

このページでは、おすすめの運動法や運動するのに最適な時間などについて紹介しています。

薬物療法

2型糖尿病は1型糖尿病と異なり、インスリンを使用しての薬物療法が必須というわけではありません。食事療法と運動療法を行っても血糖値の改善が見られない場合、加えて薬物療法を行うことになります。そのため薬物療法は、あくまで糖尿病の完治が目的ではなく、改善させるためのひとつの方法手段に過ぎないということを覚えておきましょう。食事療法・運動療法を守らなければ、薬物療法を行ったところで効果はありません。

治療の際には注射などを使用したり、飲み薬を服用したりします。薬物療法を始めると、より慎重に血糖コントロールを行う必要があります。

注射には2段階の薬物があり、最初に取り入れる薬物はインクレチン注射薬になります。こちらは「効きすぎて低血糖になる」といったリスクが少ない注射薬です。

インクレチン注射薬で効き目がない場合には、インスリン注射薬を投入します。さらにインスリン注射薬には即効性のあるものや、持続性が特徴のものなどが存在します。

【PickUp!情報 話題の毒だし酵素とは?】

糖尿病の症状悪化を防ぐ酵素がパワーアップ

酵素は糖尿病の症状悪化を防いでくれると、多くの方が効果を実感しています。様々な実験結果からも効果が立証されいるので、糖尿病の改善対策に積極的に取り入れたいところです。

しかし酵素には熱に弱いとう弱点があるので、一般的なサプリメントからだと十分な効果は得られない場合がほとんどです。

そんな弱点を克服したのが、この毒だし酵素です。近年、特殊な加熱処理(特許製法)に成功し、酵素の力を落とさずにサプリメント化が成功したそうです。

使用されているサプリや詳しい情報は「毒だし酵素」で検索してみましょう!

「毒だし酵素を検索」

このページでは、薬の種類や注射の効果などについて載せているので参考にしてみて下さい。では、それぞれを詳しく見ていきましょう。

ページの先頭へ