糖尿病の治療方法

糖尿病に有効な治療方法まとめ

Method糖尿病改善のための有効な治療法

治療法

糖尿病は、すい臓から分泌されるタンパク質ホルモン「インスリン」が、β細胞の中で正常に生成されなくなることで発症する病気。糖尿病には、1型糖尿病と2型糖尿病があり、種類によって治療法は異なります。

ここでは、2型糖尿病の治療法について解説していきます。

2型糖尿病は日本でもっとも多く、国内の糖尿病患者の95%はこれに該当。その原因は、過食や偏食・運動不足・ストレスなど、乱れた生活習慣によって引き起こされると言われています。こういった生活習慣を続けていると、血糖値を低下させるインスリンの分泌量が減少・機能が低下して高血糖状態になり、糖尿病を発症します。

基本となる治療法は、食事療法と運動療法です。この2つは必ずセットで行うもので、どちらか一方だけでは効果が出ません。ただし、しっかりと継続して治療に取り組めば、多くの場合で症状の改善が見込めます。

この2つの治療法でも、血糖値・ヘモグロビンA1cの数値が下がらない場合に用いられるのが薬物療法。しかし、2型糖尿病において薬物療法は最後の手段となるため、まずは食事と運動で数値の改善を目指すのが目標。糖尿病治療は一生続くものなので、毎日無理なく続けられるような生活習慣を身につけることがポイントです。

糖尿病の食事療法は栄養バランスが大事

糖尿病のキホン、食事療法では、過食・偏食をせず、規則正しい食生活を実践していきます。糖尿病の食事療法と聞くと、極端な食事制限をイメージしますが、実際は必ずしもそうではありません。カロリーはもちろん大切ですが、3大栄養素+ビタミン・ミネラルを意識したバランスの良い食事を心がけ、長く続けることがポイントとなります。

食事療法においては、さまざまな栄養素をバランスよく摂取していくことが大事。しかし、消化・吸収を助ける酵素が少ないと、せっかく取り入れた栄養を体内で機能させられません。また、酵素は体に不要な老廃物・毒素を排出し、血糖値を正常にコントロールするために必要なものでもあります。

余分なブドウ糖の消費に欠かせない運動療法

運動をすると、ブドウ糖は筋肉に取り込まれやすくなります。これにより、脂肪酸とブドウ糖の利用が捗るようになり、血糖値が下がって糖尿病が改善します。

運動には、レジスタンス運動(筋トレ)と有酸素運動との2種類がありますが、インスリンの分泌を促すのは有酸素運動。有酸素運動には、ウォーキング・サイクリング・ジョギングなどがあり、その中でも水泳はとくに効果的とされていますが、どんなメニューにせよ、毎日続けることが重要です。

では、運動をする習慣をつけるにはどうしたら良いのでしょうか?まずは、普段の生活の中でできる、手軽な有酸素運動から始めてみると良いでしょう。運動習慣を取り入れた1週間の生活例を紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

糖尿病治療の最後の砦となる薬物療法

2型糖尿病では、食事療法と運動療法を2~3ヶ月続けても血糖コントロールがうまくいかない場合に、薬物による治療を開始します。薬物には経口薬と注射薬があり、食事療法や運動療法の効果・肥満の程度やインスリン分泌量から、使用する薬剤が決められます。

糖尿病治療の最終手段である薬物療法ですが、これを始めたからといって、病気が完治するわけではありません。あくまで症状を改善へと導くものであり、基本となる食事療法・運動療法は、変わらずに進めていく必要があることを覚えておきましょう。

食事療法でおさえておきたい、糖尿病改善のために研究されている注目の成分

健康商品で糖尿病を改善させようとしている人の中には、どのような成分を摂取したら良いのかで悩んでいる方も多いです。以下のページでは、発症や悪化など、糖尿病に対するお悩みを解決させる有効成分を豊富に含む「糖尿病改善のために研究されている成分」を紹介しているので、是非とも参考にしてみてください。