糖尿病治療の基本!食事療法

【医師監修】糖尿病治療の基本となる食事療法の効果

Supervision糖尿病を改善する食事療法のポイント

監修医師

監修医師情報

上野内科・糖尿病内科クリニック
院長

上野 尚彦先生

このページでは、糖尿病の食事療法について以下のようなことをまとめています。

・食事療法は、糖尿病治療の基本中の基本
・前兆~末期まで、すべての病期で必要な治療
・カロリーだけでなく栄養バランスも重要な要素
・ヘモグロビンA1cの数値を下げるには、サプリの利用も視野に入れると◎

食事療法によって得られる糖尿病改善効果

糖尿病と診断された場合、誰もが必ず行う治療が食事療法です。

糖尿病の食事療法といっても、特別なメニューを用意するわけではありません。決められた1日の摂取エネルギーを守りつつ、朝・昼・夕の3食、栄養バランスのよい食事を心がけていきます。

適性エネルギー量は、以下の算式を用いて計算します。

  • 1.標準体重を算出する
    身長(m)×身長(m)×22
    ※身長160㎝の場合、1.6×1.6×22=56.0㎏
  • 2.適性エネルギー量を算出する
    標準体重×1日の活動目安量(kcal)=適性エネルギー量

1日の活動目安量は、仕事や生活スタイルによってそれぞれ異なります。

・日常的に事務や家事程度の軽いものを行う人:25~30kcal
・立ち仕事や軽作業などの軽く体を動かす人:30~35kcal
・力仕事や肉体労働を行う人:35~40kcal

つまり、身長160㎝の人で、事務・家事といった軽作業を行っている人の適性エネルギー量は、56.0㎏×25 kcal=1,400kcalとなります。

ただし、糖尿病の食事療法では、年齢や病態なども加味して計算することになるため、もっと複雑な計算が必要となります。

糖尿病における食事療法のポイント

糖尿病の食事療法と聞くと、「厳しいカロリー制限」というイメージを抱くかもしれませんが、ただ単にカロリーを減らせばいいというわけではありません。

決められた摂取エネルギー内で、必要な栄養素をバランスよく摂取することが重要です。

食事療法を経験した人の中には、カロリーばかりを気にして栄養バランスが崩れてる、カロリー計算によるストレスで挫折してしまう人もいます。しかし、糖尿病の食事療法は途中でやめるわけにはいきません。しっかりと習慣化し、継続しなければ意味がないのです。

食事療法ではカロリーも重要ですが、食事の栄養バランス・食べ方・食材の組み合わせに注目すると◎。この3つのポイントを押さえれば、厳密なカロリー計算をしなくても、血糖値を適切にコントロールすることが可能となります。

食事療法の具体的な方法

いくら適性エネルギー量を守っていても、「おかずばかり食べる」「炭水化物を抜く」など、偏った栄養素の食事では効果は望めません。

糖尿病レシピを考える際には、

■糖質を含む食品の中から何か食べる
(穀物、芋、炭水化物の多い野菜、大豆以外の豆類)
■たんぱく質を含む食品の中から何か食べる
(魚介類、肉、卵、チーズ、大豆)
■脂質を含む食品の中から何か食べる
(ドレッシングやマヨネーズ、バター、ベーコン)
■ビタミン・ミネラル・食物繊維を含む食品の中から何か食べる
(野菜、海藻、きのこ、こんにゃく)
■果物、牛乳や乳製品も取り入れる

というように、それぞれの食品群をバランス良く摂ることが重要です。また、アルコールは控え、甘いものも極力避けましょう。

栄養バランスを守って食事療法を続ければ、血糖値をコントロールすることができます。

ヘモグロビンA1cの数値も合わせて下げていくためには、食事療法+運動療法を基本としなければなりません。

監修医師

ここまでの監修をしてくれたのは

監修医師情報

上野内科・糖尿病内科クリニック
院長

上野尚彦先生

サプリメントで賢く栄養バランスを整えよう

糖尿病の治療は、人それぞれの症状に合わせ、食事療法・運動療法・薬物療法を組み合わせて進めていきます。とくに食事と運動は治療の基本となるもので、どちらかが欠けても血糖値のコントロールは不可能となります。

食事においては、カロリーはもちろん、栄養バランスのとれた食事を続けることが大事。無理なく栄養バランスを整えられる、サプリメントを利用するのも賢い方法です。

当サイトオススメの糖尿病改善の成分はコチラ

食事の基本は「栄養バランスのとれたもの」ですが、忙しくてなかなか自炊ができない・すべての食事でバランスを考えるのは難しい…という方も多いと思います。

糖尿病の症状を改善の研究がされている成分を上手に摂取し、サプリメントなどを上手に活用しましょう、偏りがちな栄養バランスを効率よく整えることができます。

とはいえ、まんべんなく栄養を摂取することをオススメします。