運動療法による糖尿病治療

【医師監修】糖尿病の改善と予防のために取り入れたい運動療法

Supervision糖尿病を改善する運動療法のポイント

監修医師

監修医師情報

上野内科・糖尿病内科クリニック
院長

上野 尚彦先生

このページでは、糖尿病の運動療法について以下のようなことをまとめています。

・運動療法は、食事療法と並ぶ糖尿病治療の基本
・運動療法は、ウォーキング・水泳などの有酸素運動が効果的
・階段を使うようにするなど、運動する工夫をするだけでも治療効果アップ

運動療法によって得られる糖尿病改善効果

糖尿病と診断されたら、食事療法とともに運動療法を取り入れていく必要があります。運動療法に期待できる効果は以下の通り。

  • 血液中のブドウ糖をエネルギーとして消費させる
    糖尿病になると、血液中のブドウ糖が細胞に取り込まれにくくなり、血中にブドウ糖があふれます。そのブドウ糖を運動のエネルギー源として消費することで、血糖値を下げる効果が期待できます。
  • インスリンの働きを高める
    運動によって筋肉量を増やし脂肪を減らすことにより、インスリンの働きがアップ。血糖値が下がりやすくなります。
  • 肥満の防止
    肥満は糖尿病の原因となるだけでなく、糖尿病の合併症を進行させやすい要素。適度な運動と食事療法で健康的にダイエットできれば、糖尿病の予防にもつながります。
  • ストレス解消
    体を動かすことで気分がスッキリし、ストレスを解消できます。ストレスの蓄積は糖尿病の危険性を高めるため、こまめな解消を心がけましょう。

運動療法には、急性効果(すぐに現れる効果)と慢性効果(ゆっくりと現れる効果)があります。食後血糖値の低下は比較的すぐに現れますが、インスリンの機能回復・体重減少についてはある程度の時間がかかります。期待する効果がないからといってあきらめず、毎日しっかりと継続しましょう。

糖尿病における運動療法のポイント

具体的に運動は、有酸素運動と呼ばれるものを行います。

有酸素運動とは、ウォーキング・ジョギング・ストレッチ・エアロビクス・サイクリング・水泳といったもので、呼吸を行いながらできる運動のことです。運動する時間の目安は、ウォーキングやジョギングなら1日最低15分。できれば、血糖値の上がる食後に行うのが理想です。

次に運動の強度ですが、こちらは「中強度」での運動が推奨されています。これは、期待される運動療法の効果と、患者の健康と安全性を考慮した運動強度となっています。

では、中強度の運動とはどれくらいの運動なのでしょうか。その目安となるのが目標心拍数と呼ばれるもので、算出にはカルボーネン法という算式を用います。

■目標心拍数={(220-年齢)-安静時心拍数}×0.5+安静時心拍数
※運動強度50%の場合

これにより、安全で効果の高い運動強度を知ることができます。運動をして心拍を計り、目標心拍数より多いようなら運動量を減らして調整します。

運動療法の具体的な方法

運動療法が大切だと分かっていても、毎日続けるとなると気持ちがゲンナリしてしまうもの。前兆や初期段階の場合は、運動を毎日の生活の中に組み込み、無理なく習慣化する工夫をしてください。ただし、運動効果は2日間持続しますので、少なくとも2日に1回は行いましょう。

  • 月曜日
    オフィスなどでは、エスカレーター・エレベーターを2つ下の階で降り、階段を使うようにします。帰宅時は、ひとつ手前の駅で降りて歩くと◎(30分)。
  • 火曜日
    早起きをして、朝食後に20~30分のウォーキングをしてみましょう。朝にできなかったら、夕食後にすると効果的。
  • 水曜日
    朝、テレビでニュースを見ながらスクワットやダンベル運動(20分)をし、その後ウォーキング(15分)をしながら出勤。筋トレとウォーキングを合わせることで、効果がアップ!
  • 木曜日
    朝に、ラジオ体操&ストレッチを10~20分ほど取り入れます。血液循環がスムーズになり、代謝アップ効果が期待できます。その後も、立つ・歩くといった動作を意識的に増やして。
  • 金曜日
    スポーツジムで、水泳などの有酸素運動を30分以上行いましょう。休日前なので、いつもよりちょっと気合いを入れて。
  • 土曜日
    ゆっくりと体を休めつつ、散歩がてらウォーキング。いつもより遠めのスーパーへ買い物に行き、外出先でも電車・バスを使わないようにすると◎。
  • 日曜日
    天気が良ければサイクリング・ジョギングなどを楽しみましょう。景色のよい公園などを選ぶと、気分のリフレッシュにもつながります。
監修医師

ここまでの監修をしてくれたのは

監修医師情報

上野内科・糖尿病内科クリニック
院長

上野尚彦先生

運動療法は食事療法と組み合わせてこそ効果が出る!

糖尿病の改善・予防のための運動療法に、特別なメニューは必要ありません。自分の生活スタイルに合っていて、無理なく続けられるものを選ぶことが大切です。

また、運動療法は食事療法と組み合わせることにより、さらに高い効果が期待できるもの。どちらか片方では効果が現れにくくなってしまうため、サプリなどを賢く活用しつつ、栄養バランスをしっかり整えていきましょう。

糖尿病の症状改善に研究されている成分はコチラ

糖尿病は、血液中のヘモグロビンA1c と血糖値が継続して高くなる病気。つまり、糖尿病の治療は、この2 つの数値をいかに下げるかにポイント。

現在、ヘモグロビンA1c と血糖値を下げる効果があるとされる成分や糖尿病の症状改善に研究されている成分があります。糖尿病の改善に有効とされる成分を栄養バランスに加えて、取り入れることをオススメします。

糖尿病改善のために研究されている成分を詳しく知る

当サイトのご利用にあたって

当サイト(糖尿病の末路 初期症状から末期症状まで、危険な合併症の解説と改善・対策・予防ガイド)は、私たち「糖尿病を食から考える会」が運営する、糖尿病に関する情報をわかりやすくまとめたサイトです。当サイトには、できるかぎり最新の、信頼性の高い情報を掲載する心掛けております。ただし、その内容の正確性・安全性について完全に保証できるものではありません。掲載情報の活用については自己責任でお願いいたします。万が一、当サイトの情報によって何らかの損害が発生した場合には、各種専門機関にご相談ください。

糖尿病を食から考える会について